QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

フォーマジョブ

ファーマジョブ

  • 好条件な求人が満載!
  • いろいろな働き方をご提案!
  • お好みの求人をご用意!
  • お引越しでのご転職もしっかりサポート!
  • 完全無料!

地方でも質の高い求人を

最近の地方の薬剤師市場がどうなっているかは、転職を考える上でチェックしておきたい大切な項目ですね。 首都圏では薬剤師の売り手市場が続いていますが、地方では長年、深刻な薬剤師不足に悩まされていると言われています。


しかし地方であっても、薬科大学や薬学部がある地域では、それほど深刻な薬剤師不足は起こってもいないようです。 この矛盾は何でしょうか。 薬剤師の採用枠数は実質的には増えてきています。 これは、大手調剤薬局やドラッグストアが多店舗戦略によって、どんどん店舗数を増やしてきているためです。


また、厚生労働省では、高齢化社会に伴って、薬剤師による在宅医療患者への薬剤管理指導に力を入れていますので、そのことも要因の1つとなっているようです。


地方は特に高齢化が著しいため、このような働きかけによって、採用側からの薬剤師のニーズが、年々高まってきているのでしょう。

しかし、この需要に対して、薬剤師の働きが伴っておらず、特に地方で薬剤師が不足している状態になっていることも事実なようです。


今現在、国としても、地方の調剤薬局・ドラッグストアとしても、患者にとって安心な薬剤提供体制をつくりだしたい、という状況にあるのですが、2年間新卒の薬剤師が存在しなかったこと、そして薬剤師の多くが都市部に集中していることから、需要の割に地方で活躍できている薬剤師の存在が少ないという状況が、続いているのです。


つまり、薬科大学や薬学部の無い地域になると、薬剤師の数は、ぐっと減ってしまうということが考えられます。 上記に示した矛盾は、このようなことから起こっている可能性もあるのです。 これは地方で活動していらっしゃる薬剤師の方にとっては、大変良いニュースであるかもしれません。


地方には、首都圏と比較しても、よい条件の職場が増えてきており、薬剤師の能力を大いに活かせる可能性や、自らにとってのよりよい職場に就職できる機会が増えているということでもあります。


地方での薬剤師の給与水準は、首都圏と比較しても高く、キャリアアップ制度に力を入れている企業も少なくありません。 地方での質の高い求人情報を得るには、地域密着のサービスを行なっている転職サイトがおすすめです。


中でも「ファーマジョブ」は、厚生労働大臣の認可を受けている転職サイトですので信頼度が高く、求人情報のうちの約70%を非公開求人が占めている、という驚きの質の高さです。


地域に密着した非公開求人が多い、ということは、それだけ能力を活かせる職場への転職の可能性が高くなることが予測出来ます。 また、ファーマジョブには「逆指名」というサービスがあります。 気になる職場がある場合には、相談者に代わって担当のコンサルタントが、交渉を行なってくれるというサービスです。


職場に関する不安も解消しやすいよう、有給休暇の取得率や、残業の多さ、離職率など、自分からはなかなか訊きづらい職場の情報も、しっかりと確認してもらうことができますので、安心して希望に適った職場を探しだすことが可能でしょう。


地方でキャリアアップを図りたい方、より良い条件の職場を見つけたい方、自分の能力をもっと活かしたい方などは、ファーマジョブに転職のご相談をしてみてはいかがでしょうか。


サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ