QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

生涯の仕事として選ぶことのできる看護師

生活の安定を図るためには、資格を取得しておく方が得策であるという考えを持つ人もたくさんいます。 そのようななかにあって、どのような資格でも役に立つかというとそうではありません。


民間資格の中には、だれでも望む人が簡単に取得することができるようなものもあって、それが就職や仕事探しの大きな武器になると考える方が間違っているでしょう。


一方、国家資格の中にはそれを持っている人を求める場所がたくさんあって、大きな武器となる場合があります。 とくに、少子高齢化、超高齢化社会を迎えようとしている日本において、医療関係の資格を持っている人を求める現場がたくさんあるのです。 たとえば、薬剤師などがその良い例ですし、医師や看護師はいつも求人があります。


女性であっても、自立して生活して行くためにはやはり生活の糧を得ることのできる何かが必要になります。 そのような時に、看護師としての仕事を生涯の仕事として考える人が多いのも自然の流れかもしれません。


もちろん、なかにはもっと別の理由で看護師になることを希望することもあるでしょうが、いずれにしてもそのためには踏まなければならない手順があります。


看護師になるためには、高校の看護学科や、看護学校などで専門的な教育を受けた後に、国家資格に合格しなければなりません。 ここで、正看護師と准看護師の違いについて触れておきましょう。 正看護師とは、国家資格に合格した人のことを指します。


それに対して准看護師とは、都道府県での試験に合格して、知事より免許を交付された人のことを指します。 そのほかにも、認定看護師と呼ばれる人たちがいます。


これは、必要な養成教育を受けたうえで、特定の看護分野において熟練した看護知識と技術を用いて看護ケアを行なうことのできる看護師として、日本看護協会から認定を受けた看護師のことです。


また、専門看護師と呼ばれる人たちもいます。 専門看護師とは、日本看護協会専門看護師認定試験に合格し、ある特定の分野において優れた看護能力を有していることが認められた看護師のことです。


どのような場所でも勤務できるようにするために、多くの方は正看護師になることを目指して励みます。 自分自身の生活の安定、収入のことだけを考えて看護師として働き続けることができるほど甘い業界ではないようですが、その仕事に打ち込むことによって大きな喜びを味わうことができるのは事実のようです。


患者さんの身体面をサポートするだけではなく、心の支えともなることのできる仕事は他にはあまりありません。 医療に携わるさまざまなお仕事の中でも、奥が深いお仕事なので、一つの選択肢として考慮することができるでしょう。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ