QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

労働環境と収入面での比較

ごく普通の生活をして、ある程度の収入を得ることができればそれでいい、そのように考える人にとっては、看護師という職業は不向きかもしれません。


看護師としてのお仕事には、それに伴う独特のストレスがあります。 患者さんの命を扱う現場においては、適当に物事を行なうことはできませんし、すこしのミスが致命的になってしまうこともあります。


さらに、いつも決まった時間に出勤して、時間になったら帰るというオフィスで働く事務員のような生活スタイルを構築することは難しいと言えるでしょう。


看護師としての働きには、夜間の勤務をはじめとして、不規則な生活スタイルが求められることは、周知の事実として覚えておかなければなりません。


どのようなお仕事でも、その分の見返りがあれば行なえるというわけではありませんが、やはり労働に見合った対価を受け取るときに、人は続けていこうという意欲を持ち続けることができるはずです。


では、看護師の収入や福利厚生は、一般のOLなどの場合と比べるといかがなものでしょうか。 平均のデータからしますと、看護師の初任給は、OLのそれと比べると高くなるようです。 さらに、看護師長などの役職に就いた場合は、一般事務職で同じような立場として働く場合に比べても、やはり月収が多くなるようです。


しかしながら、収入が多いというのは同じような勤務形態によって測定されるわけではありません。 一般的な事務職であれば、多少の残業を求められることがあるとしても、夜勤になるようなことはまず考えられません。


しかし、看護師の場合はお給料がいいとしても、そこには難しい現場においての看護師としての判断や処置、そして夜間の労働などの対価として支払われていることになるのです。


ですから、一概にどちらの方がお給料はいいという比較の問題ではないということがわかります。 大抵の医療機関では、夜間での勤務に対しては夜間手当が付くのですが、その金額は十分なものとは言えない場合がほとんどのようです。


お休みについては、以前よりも看護師を取り巻く環境は整備されてきて、週休に換算すると2日くらいは確保できる看護師も増えているようです。


しかしながら、休暇に関しては病院によって大きな差がありますので、あくまでも平均的なレベルでの話です。 看護師の働く環境を改善するためには、病院単位での取り組みも求められます。 実際、夜勤のことを考えるときに、2交代制から3交代制にしている病院も増えています。


労働環境、待遇面での改善を図らなければ、今後の看護師の需要に対して供給が追い付かなくなってしまいます。 憧れの職業でありながら、いつも求人があるという世界に関心をもって飛び込む人が増えなければなりません。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ