QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

これからの需要に対しての看護という仕事

需要、ニーズが異なれば、それに合わせた対応が求められます。 時代の移り変わりの影響を大きく受けて、働き方も大きく変化胃していく可能性があるわけですが、そこにはやはりニーズの変化があります。 看護師として働く場合にも、やはり時代に流れは影響するのでしょうか。


たしかにそう言えます。 もちろん、病院で必要とする患者さんに必要なサポートをするという基本的な形態は変わらなくても、それ以外の働き方も増えていきます。 たとえば、超高齢化が進むと言われる日本において、これから医療を必要とする人のほとんどが高齢者ということになります。


さらに、医療だけではなく介護の必要も生じます。 高齢者に対する介護の問題と、看護師の働き方には大きな関係があります。 これからは、介護施設での役割を果たす看護師、さらには在宅介護を必要とする人の介護の面での看護師の活躍が期待されています。


そこに大きな需要があるわけですから、すでに看護師としての資格を有している人も、これから看護師になることを目指している人にとっても関係のある話題であることは間違いありません。


これからは、国も在宅医療に関する法律を整備、あるいは改正することが、財政面でも大きなメリットがあるという判断から、積極的に在宅医療を推し進めていくことが考えられます。


そのような中で、在宅医療を専門医して従事する看護師も増えるのではないでしょうか。 さらに、現時点でも活発な動きを見せているのが、訪問看護ステーションでの看護です。 民間の病院でも訪問看護に力を入れているところがたくさんあり、そのような現場で働くことのできる看護師の需要が増しています。


訪問看護師は、かかりつけの医師の指導に基づいて、必要な看護をします。 なかには、寝たきりのお年寄りなどを扱うこともありますので、慎重さを要する仕事ではあるものの、安定した需要のあるお仕事と言えます。


基本的に言って、訪問看護や在宅医療に携わる場合のスキルは、病棟勤務の場合に求められるスキルと同じと言えます。 それでも、訪問看護の場合はより一層のコミュニケーション能力が要求されるかもしれません。 そこには、患者さんだけではなく家族の方もおられます。


そのような方々の心の不安や疲労に対しての配慮を払いながら看護を行なうことが求められます。 さらに、何気ない会話を通して看護における糸口が見つかることもよくあるようです。


また、多くの場合で訪問看護先には一人で赴くことになるので、その前にはかかりつけの医師としっかりコミュニケーションをとって、的確な看護を心がけなければなりません。 これからもますます看護師として働く人の必要があることは保証されています。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ