QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

看護師不足の現状と原因

毎年大勢の若い人たちが看護系の学校を卒業して、国家資格をもって看護の世界に足を踏み入れます。 それにもかかわらず、日本では引き続き看護師の不足が問題となっています。


なぜでしょうか。 どうすればそのような現状を打開することができるのでしょうか。 まず、せっかく学校で一生懸命勉強して、難しい国家資格を突破して看護師として勤務することになっても、その後の離職が多いというのがその理由として挙げられます。


離職する原因としては、実際に勤務することによって、憧れと現実の間に大きなギャップが存在することに気付くわけです。 とにかく、憧れていた仕事を楽しむ余裕もなく、毎日きついと思いながら働き続ける結果、ある日突然離職することを決意するのです。


その背景には、全体的に病院も医療関係者の不足に悩んでいるために、医師の数も不足しており、医師が行なっていた点滴や注射などのお仕事も看護師が負担するようになったり、カルテの整理などの事務仕事にも忙殺されるような状況に置かれていることが考えられます。


そのような状況では、仮に権利があるとしても休暇を取ることが難しく、一年中しっかりと休む暇もなく働かなければならないというのがその背景にあるようです。


急患などが入れば予定通りに出勤時間を終えることもできず、夜勤のローテーションにも組み込まれるために、なかなか自分の生活を確立することができないということもあります。


さらに、女性の場合はある段階で結婚や出産を経験することになって、そのタイミングで仕事を調整、あるいは離職します。 看護師の場合は、家庭と職場を両立することが非常に難しいため、多くの女性はいったん離職します。


そして、状況が整ったら復職するかと思うと、意外なことに復職率が低いのです。 このように考えますと、有資格者を増やすというよりも、離職を減らす努力や復職を促す働きかけが必要になってくるのではないでしょうか。


法改正などによって看護師を取り巻く環境の整備がなされても、まだまだ病院間での差もあり、今後もますます病院単位での取り組みも期待されます。


ひとりの負担が大きくなると、疲労が原因となる医療事故が発生する確率も高くなりますから、現場で働く人たちも当然ながら、医療を受ける側にとっても深刻な問題となり得ます。


これからは少子高齢化、高齢者の多くなる社会において、安心して看護してもらえる環境の整備が不可欠です。 病院での勤務以外にも、在宅医療などもこれからますます必要になってくることでしょうから、そのような意味でも現状から一歩踏み出していく必要があります。 国も自治体も、病院もみな連動してこの問題と闘う必要があります。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ