QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

一般企業で働く看護師

活躍の場が一か所ではなく、幅広く活動することのできる職種というものがあります。 では、国家資格をもった看護師の場合はいかがでしょうか。 看護師の場合、一般的には病院勤務を連想する方が多いはずです。 もちろん、資格を持った看護師の多くは医療機関で勤務しています。


その一方で、実は一般企業で働く看護師たちもいるのです。 たとえば、社員の健康管理を行なう産業看護師と呼ばれる人たち、治験業界や医療機器メーカー、あるいは製薬会社で活躍する看護師たちもいるのです。


産業看護師の場合は、定期検診を行なって社員の健康状態を管理し、相談に乗ることや適切な指導を行なうことがその役割です。 最近では生活習慣病の予防や、メタボの対策などに積極的な姿勢を見せる企業も増えていますので、そのような企業と連動して勤務します。


見過ごすことのできない分野として、メンタルヘルスケアが挙げられます。 社員の心の健康管理の分野でも、やはり資格をもった看護師の存在が大きな助けになるようです。 また、製薬会社で活躍する医師や看護師もいます。


転職の理由はさまざまですが、絶えず医療事故などのストレスにさらされている現場で働くことから一線退いて、自分のペースで仕事をすることを望む医師や看護師にとって、製薬会社での仕事は魅力的なものです。


新たに開発した新薬が市場に出るためには、臨床試験を経なければなりませんが、そのような現場で働くことができます。 病院での激務に比べると、比較的予定の立てやすい勤務体系でもあり、自分の仕事に集中できるために人気の転職先となっています。


最近ではクリニカルコーディネーターを採用して、自社の製品をPRすることに力を入れているメーカーもあります。 この場合、看護師の資格が要求される仕事を行なうわけではありませんが、医療機器メーカーが病院に売り込みをかけるときに、医療現場の人たちに使い方を指導するには、実際の看護師の方が有利だろうという発想から来ています。


医療機器の分野では外資系の参入もありますから、語学に自信のある看護師は、外資系で働くという道もあります。 企業で働く場合、一般の事務職などと同じように土曜日と日曜日の休みを確保できること、そして夜勤がないことなど、条件面での魅力も多く、有資格者であるゆえに手当などもあれば給料の面でも恵まれているに違いありません。


また、産業看護師として働くことがキャリアアップにつながる可能性もありますので、積極的に転職先を探している看護師も多いのです。 しかし、一定期間の医療機関における勤務経験が転職に有利となることがありますので、いまのお仕事を着実に続けていくことも大切でしょう。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ