QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

復職する場合に覚えておきたい点

憧れだった看護師としての仕事を始めたものの、さまざまな理由によって離職をした人も少なくないでしょう。 たとえば、不規則な勤務時間や激務に耐えかねて、精神のバランスを崩してしまう前にやめてしまうという決断を下したかもしれません。


あるいは、ライフステージの変化によって離職するケースも多いでしょう。 離職してから復職する場合、その期間がわずかであれば問題はないかもしれませんが、一定期間のブランクを経て復職することを望む場合でも、資格を持っていればスムーズに復職できるのでしょうか。


きっと、「自分が現役の看護師として働いていたころといまでは、知識も技術も異なっているだろうから、即戦力として働くことは難しいのではないか」とか、「新しい医療機器を用いるように言われた場合、恥ずかしい思いをしてしまうのでは」という不安もあるかもしれません。


しかし、昨今の看護師不足の打開に励む医療機関も多く、ブランクの長い看護師も積極的に受け入れている病院が増えています。 そのような医療機関では、ブランクのある看護師に対して復職のための研修などを行なっています。


最新の医療機器の用い方や、心肺蘇生の方法、採決の仕方などを再びレクチャーしてもらえるので、昔の勘を呼び起こすことができるとともに、進歩した分野の新たな教育を受けることが可能なのです。


また、以前のような勤務形態ではきっと体がついて行かないという不安を取り除くために、勤務時間の面でも配慮を示すことにしている医療機関もたくさんあります。


たとえば、夜勤はなくして日中の勤務を中心にしてもらえるかもしれません。 場合によっては、以前に医療機関で働いていた人が、今後は介護施設で働くことも視野に入れることができるかもしれません。 介護施設の場合は、病院に比べると医療行為が少なくなります。


そして職場の雰囲気も和やかなものである場合が少なくなく、再び働くためには良い環境であるとも言えます。 復職にあたっては、自分自身の気持ちの持ち方も変化させる必要があるかもしれません。


とくに、以前働いていたときにはある程度の仕事を任されていたとか、新人を指導する立場にあった方などは、このたびは勝手が違うことを認識しておく必要があります。


謙虚な気持ちをもって、最新の医療業界に精通するために教えていただくという気持ちを持つ必要があります。 復職支援制度や、復職をサポートしてくれる転職サイトなどを上手に活用しましょう。 そのような姿勢は、わたしたちの福祉にも役立ちます。


深刻な看護師不足に悩んでいる現状にあって、新規で看護師を養成することも大切ですが、離職者を復職させる取り組みも盛んに行われるべきでしょう。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ