QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

看護師についての記事一覧

生涯の仕事として選ぶことのできる看護師

生活の安定を図るためには、資格を取得しておく方が得策であるという考えを持つ人もたくさんいます。 そのようななかにあって、どのような資格でも役に立つかというとそうではありません。

労働環境と収入面での比較

ごく普通の生活をして、ある程度の収入を得ることができればそれでいい、そのように考える人にとっては、看護師という職業は不向きかもしれません。

夢に近づくための看護系学校

将来は看護師になるという漠然とした目標を、実現させるという現実的な目標にかえるためには、その過程にはどんなことが関係しているかを考慮する必要があります。

これからの需要に対しての看護という仕事

需要、ニーズが異なれば、それに合わせた対応が求められます。 時代の移り変わりの影響を大きく受けて、働き方も大きく変化胃していく可能性があるわけですが、そこにはやはりニーズの変化があります。 看護師として働く場合にも、やはり時代に流れは影響するのでしょうか。

看護師不足の現状と原因

毎年大勢の若い人たちが看護系の学校を卒業して、国家資格をもって看護の世界に足を踏み入れます。 それにもかかわらず、日本では引き続き看護師の不足が問題となっています。

一般企業で働く看護師

活躍の場が一か所ではなく、幅広く活動することのできる職種というものがあります。 では、国家資格をもった看護師の場合はいかがでしょうか。 看護師の場合、一般的には病院勤務を連想する方が多いはずです。

復職する場合に覚えておきたい点

憧れだった看護師としての仕事を始めたものの、さまざまな理由によって離職をした人も少なくないでしょう。 たとえば、不規則な勤務時間や激務に耐えかねて、精神のバランスを崩してしまう前にやめてしまうという決断を下したかもしれません。

救急救命センターで働く看護師の現状

せっかくなら人の役に立って、そして最前線で働いている感覚を味わいたいという看護師さんや、看護系の学校にこれからはいることを希望している若い方も多いのではないでしょうか。

訪問看護ステーションで働く場合

資格ある看護師の活躍できる場は、いまではかなり広がっています。 医療機関に限らず、一般企業で活躍する産業看護師の存在も話題になっています。 そのほかにも、製薬会社で新薬の開発に携わるケースもあります。

ブランクがあってもスムーズに復職するためには

看護師といえば、「ハードな仕事」というイメージを持つ方も多いことと思います。実際、医師のサポートをし、患者さんのケアをする仕事は、精神的な負担も大きなものです。

ママさんに人気な有料老人ホームとは

復帰するなら、復帰支援の充実目覚しい「国立系の病院」と考えている方が多いことでしょう。 しかし近年の民間企業による医療介護業界の進出により、病院には無い色である庶民派色を売りとした形態施設が目立ち始めてきています。

ブランク中の看護師さんへ

なぜブランクなのか?などという野暮な質問はいたしません。理由は様々あって当然です。ただせっかく資格を持っているのだから、有効且つ効率的に運用しようではありませんか。もっとも資格を高値で買い取ってくれるところがあれば話は別ですが。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ