QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

ブランクがあってもスムーズに復職するために

看護師といえば、「ハードな仕事」というイメージを持つ方も多いことと思います。実際、医師のサポートをし、患者さんのケアをする仕事は、精神的な負担も大きなものです。また夜勤など、肉体的な負担も大きいという事実があります。看護師として活躍する女性の中には、ライフステージの変化に伴い「休職」や「退職」といった選択を迫られる方も多いです。特に多いのが、結婚・妊娠・出産に伴う退職です。


しかし、子どもはいつまでも手がかかるものではありません。「手」よりも「お金」がかかる時期が必ずやってきます。そんなときに看護師という仕事は、大きな強みを持っています。それが、「ブランクがあっても比較的仕事復帰しやすい」という点です。業界全体の人手不足の影響から、ブランクがあったとしても望まれることが多いのです。今回は、「ブランクがあるけれど、仕事復帰を目指したい」という女性に向けて、そのための方法を紹介いたします。


医療現場は日進月歩で状況が変化していく職場です。現役の看護師であっても、その流れについていくための勉強が欠かせません。ブランクがある場合には、なおさらです。まずは現場の変化をしっかりと勉強する必要があります。もしブランクの期間が2~3年であれば、職場復帰はまだそれほど難しくないでしょう。すぐに現場にて看護師としての勘を取り戻すことが可能です。しかし、もしブランクがそれ以上に渡っている場合、一度しっかりと、「今の医療」について勉強する機会を持った方が良いでしょう。


具体的には、ブランクがある方への研修制度がしっかりしている病院を、就職先として選択するのがおすすめです。女性看護師のブランクは決して珍しくありません。人材不足に悩んでいる業界だからこそ、ブランクがある方へのサポートをしっかりして、働いてもらいたいと考える病院も決して珍しくはないのです。働きやすい職場を選ぶことで、再就職への不安も小さくなります。こうした病院は、求人情報などから探すことが可能です。ブランクのある人大歓迎という宣伝文句を謳っている病院に、支援の詳細を尋ねてみましょう。


また就職希望先がすでに決まっており、さらにそこではブランク研修が用意されていない場合には、各都道府県の看護師向けの研修を利用するのも一つの方法です。これはブランクのある看護師の復職を目指すため、看護協会が行っているものです。現場に戻る前に、必要最低限の知識を再度身に付けることが可能なので、利用しやすい研修制度です。「復職したのはいいけれど、以前とは仕事内容が大きく変わっていて、戸惑ってしまう」なんてトラブルも防げます。再就職先で、長く居心地良く働き続けることも可能になります。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ