QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

日本調剤薬局新大阪薬局薬剤師求人情報

日本調剤薬局
  • 募集職種:薬剤師
  • 応募資格:薬剤師免許保有
  • 勤務地:新大阪薬局
  • 住所:大阪府大阪市淀川区宮原1丁目2-70ホテルラフォーレ新大阪3階
  • 勤務時間:9:00~18:00 実働8時間 シフト制
  • 休日・休暇:週休2日制、祝日、年末年始、夏季、慶弔、特別、年次有給休暇(初年度10日)年間休日122日
  • 給与:月額25万~50万円
  • 諸手当:通勤交通費全額支給、資格手当、地域手当、家族手当、住宅手当ほか
  • 昇給・賞与:昇格年1回、賞与年2回
  • 保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
  • 福利厚生:退職金制度、定期健康診断、財形貯蓄、社内預金、団体定期生命保険、社宅制度、保養所、白衣、シューズ貸与

説明責任をしっかり果たしてリスクマネジメントをする

大学病院などの比較的大きな組織で働いている場合、かなりの程度まで分業化が進んでいるために、自分に与えられた仕事の範囲を守備していれば問題がないかもしれません。


しかし、ひとたび日本調剤薬局転職などをして調剤薬局で働くことになると、さまざまな分野での仕事を覚える機会にもなれば、それと共にそこに発生するリスクに対するしっかりとしたマネジメントも必要になってきます。


たとえば、製薬会社の提供してくれる薬剤には変更がもたらされることがあります。 製薬会社は患者にとって必要な薬剤を提供するわけですが、それと共に商品であるわけですから、より支持される、より売れる商品の開発に力を入れています。


もしもある製剤に対して「飲みにくい」、「錠剤を小さくしてほしい」という声が多くあがれば、それを無視することはしないで積極的に改善を図ります。


その結果、製薬会社は薬の形状を変えたり、パッケージに変更をもたらすことがあります。 そのようなお知らせは製薬会社から調剤薬局に、紙切れ一枚で届くことがありますので、調剤薬局で働く薬剤師さんはそのような薬の変更にも敏感に対応する必要があります。


しかし、このような薬剤の大きさやパッケージの色の変更は、単に薬剤師が理解していればいいものではなく、それ以外にも大切な要素があります。


実際に服用する方にしっかりと伝わっていなければなりません。 そうしないと、患者さんは以前の薬とは全く別のものだと思い込んで服用しないとか、薬剤師さんが調合を間違えたと感じてしまうかもしれません。


しっかりと説明責任を果たすこともその重要な務めです。 さらに飲みやすさのことを考えて薬剤が小さくなる場合には注意が必要です。 患者さんの中には以前より小さくなったので、これまでは1錠でよかったところを2錠飲まなければならないと感じるようになるかもしれません。


しかし薬によってはそのような過剰摂取は大きな危険の伴う行為となります。 調剤薬局では患者さんとじかに触れ合うという素晴らしい機会を持つことになります。 その分だけ責任も大きくなります。

サブコンテンツ

日本調剤薬局新大阪薬局へ薬剤師転職サイトランキング


このページの先頭へ