QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

健全な調剤薬局運営のための力

お薬を専門に扱う調剤薬局には、薬のエキスパートである薬剤師がいなければなりません。 その他にも販売を促進するためのスタッフ、マネジメントを行う人、経営陣、事務を担当する人など、多くの人の力が集結して成り立っています。


薬局の経営と薬剤師の業務を円滑に進めるためには、裏方の部分も担うことになる事務担当者が必要です。 事務担当者は直接調剤には加わりませんが、それでも薬剤師のアシスタント的な働きをすることがあります。 具体的に言って薬局で事務の仕事をする人にはどのようなことが求められるのでしょうか。


基本的な業務としては、調剤薬局に来る患者さんやお客さんを受け付けるという仕事です。 大抵の場合は特定の医療機関の処方箋をもってこられます。 そのような場合でも、処方箋の期限が切れていないか、ふさわしく作成されたものかどうかなどをチェックします。 そのほかにも始めて来られる方に対しては、基本的なデータを取るための問診などを行います。


そうすることで、薬剤師が調合をする際に手はずを整えておくことが可能になります。 そして実際に薬剤師が調合したお薬を受け取り、それらを記録に残して調剤記録を作成します。 このような処方箋に関する記録は法律によって一定期間保管しておくことが義務付けられています。


最近ではこのような記録作業はすべてパソコンによって行われますので、調剤薬局において事務の仕事を担当する場合にはパソコンを操作するスキルが求められることになります。


そして、実際に患者さまにお渡しするに際して会計業務が必要となります。 一般的に健康保険の適用となるものが多いため、その割合をしっかりと計算して請求しなければなりません。 たとえ事務として働いているとしても、ある程度のレベルまでは健康保険や医療保険に関する知識が必要となります。


それ以外にも、薬局の運営に関係するお仕事を全般的に行います。 そこには清掃業務なども含まれると思います。 基本的には薬剤師がいなければ成り立たない現場ですが、多くの力が結集されて運営されていることがわかります。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ