QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

管理能力が求められる薬剤師

処方箋料の引き上げなど、国の方針を受けて全国的に調剤薬局の数が増えていました。 多くの医療機関の向かいには薬局が建設され、順調に運営されているようにも見えてきましたが、最近では大型ドラッグストアなどでも処方箋を受け付けることができ、患者さんが日用品の購入も含めてそのような大型店に流れてしまう傾向もあって、処方箋を中心にして経営が成り立っている薬局ではとても安泰とは言えない状況が続いています。


今更説明するまでもないかもしれませんが、調剤薬局では病院で処方するように指示された薬を確実に患者さんへ手渡すと共に、患者さんに正確な理解をしてもらうための助けもします。 しっかりと説明してあげることもその大切な仕事のうちです。


特に服薬指導は医師も望んでいながら十分に時間を取り分けることができない分野であり、よい薬剤師のいる調剤薬局を利用することで丁寧な説明を受けることができます。


ごくまれにですが、実際に患者さんのお話を聞いていると他の薬も飲んでおり、飲み合わせが望ましくないようなケースもあります。 ほかにも、ごくまれに何らかのミスによって処方するように指示されているお薬がふさわしいものではないように感じます。


そのような場合にはためらわずに医師に対して照合作業をするように勧められます。 もう1つ、調剤薬局で働く薬剤師に求められるのは薬剤の管理です。 適切な処方をするためには、生活な知識だけではなくてそのための薬剤が必要になります。 それと共に、経営の観点から見るといつも在庫を最適なものにしておきたいと思うはずです。


そのためにはある程度の管理能力が求められます。 個人的な規模で運営されている薬局においては、薬剤師にこのような管理が任されている場合もあります。 薬剤師の資格に加えて薬剤を管理するための特定の資格というのは存在していませんが、 それでもある場合には新たに学んでいく領域でもあります。


管理について学んでいくうちに、やがては経営の側面からも物事を見ることができるようになります。 そうすることは、薬剤師としてさらなる飛躍を遂げる助けになります。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ