QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

自分の専門をベースに飛躍する方法

単に薬剤師としての資格をいかして調剤の分野でずっと仕事をしていくというのであれば、病院勤務や調剤薬局で問題はないと思います。


ところが、そこから一歩踏み出して自分の可能性を広げたい、あるいは何らかの形で自分の仕事とできるように独立開業の準備をしたいという方にとっては、もしかしたら薬剤師としての仕事をベースにしていろいろな分野でのスキルを身に着けていくことができるかもしれません。


例えば、最近では大型ドラッグストアにおいては処方箋を扱うような所もできています。 そのため、ドラッグストアにおいても薬剤師が求められています。 しかしながら、薬剤師として入るわけですから調剤だけを行っていればいいという考え方をすることもできますが、自ら志願していけば多岐にわたって経験を積む良い機会になるかもしれません。


最近の規制緩和を受けて、薬剤師以外が扱うことのできる大衆薬が多くなってきました。 そのため、考え方によってはだれでも扱えるようなものを薬剤師が関係して行う必要はないではないかとも言えます。 サプリメントや日用品などは、まったくの専門外ということもできます。


しかしながら、医薬品以外にも多くのものを幅広く販売する場所に自分を置くことで、実は今後の独立開業に必要な市場の感覚を身に着けることができるのです。


あるいは、そのように幅広くかかわることのできる薬剤師は、経営陣からの信頼も厚くなってマネジメントを任せてもらえるかもしれません。 マネジメント自体は大学教育で学ぶわけではありませんから、ここで経験を積んでおくことには大きな意味がありそうです。


これからは自分の強みだけで勝負しようと思っても限界がある時代です。 自分の強みをベースにして、そこからどのように可能性を伸ばしていくのか、そのことが問われる時代となっていきます。


その中にあって、薬剤師の場合は自分の専門だけに固執しても、生涯の仕事としては成り立っていくことでしょう。 それでも自分の可能性に自分で限界を設けないならば、どこまでもその可能性を広げていくことができます。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ