QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

製薬会社で活躍する薬剤師の前職

比較的復職が容易なのは薬剤師としての資格を持っている場合です。 もちろんブランクが長ければ長いほど、時代にあった仕方で最前線での働きをするためには少しの調整が必要になるものの、取得した国家資格は生涯有効のもので、大きな強みとなります。


一度離職した場合にも、求人広告に目をとめるなら、再び働くための道は開かれているということができます。 特にドラッグストアや調剤薬局では、パートとしての働きでも一般のアルバイトに比べると高待遇で迎え入れられることがあります。 また、復職に関しては以前の業種にそのまま戻るパターンも多いようです。


長年病院の調剤担当をしてきた方では、再び病院に入ることが多いですし、調剤薬局で長年の経験がある場合には、お店は変わっても同じような薬局でのお仕事を希望するようです。


薬剤師として薬局から他の分野で挑戦するための転職をするケースもあります。 最近多く見られるのは製薬会社への転職です。 ある程度の実績と経験がある場合には、新卒では選択肢に含めることのできなかった製薬会社で新薬の開発に関わるという道が開かれることがあります。


このような道に対して機敏に反応して進んでいくためには、絶えず更新される求人情報にアンテナを張っておく必要があります。 個人で求人情報を収集するという方法もありますが、その他にも特定の転職支援会社に登録をして、上手に紹介をしてもらうという方法もあります。


多くの場合、転職支援サービスを利用しても、そのための登録には費用が発生しません。 それで、いま現在では転職を考えていないとしても、一つの方向性として視野に入れておくことができます。 本人の目指すキャリアプランにもよりますが、薬剤師には多くの可能性があります。


しかし、その可能性は自分自身で道を進んでいかなければ、せっかく開かれているものでも進むことができません。 現在満足の行くお仕事が与えられているとしても、いま一度ゆっくり時間をとって、今後のキャリア構築について考えてみるのはいかがでしょうか。 必要に応じて必要なサービスを利用してください。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ