QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

生き残りをかけた調剤薬局の戦い

これからの業界の動向を正確に予想することは難しいとはいえ、ある程度の方向性が見えている業界もあります。 例えば、処方箋料の引き上げ以来、全国的に劇的な仕方で増えていった調剤薬局ですが、ここにきて頭打ち状態になっています。


大型のドラッグストアの進出、買収などの影響もあって、今後の苦戦が予想されます。 大型ドラッグストアの強みは、処方箋を持って行くついでに日用品やサプリメントなどを購入することができる点です。


それに対して、調剤薬局が打ち出している強みは、医師が処方するように指示している薬を確実に調合し、それとともに患者に対して正確かつ丁寧な説明を加えることにあります。


しかしながら、そのような懇切丁寧な対応よりも利便性を求めるお客さんが増えているならば、今後ますます調剤薬局から大型ドラッグストアへお客さんが流れる結果となるかもしれません。


もともとは病院内で機能していた部分が外に出ているような形となっているのが調剤薬局です。ある意味では処方箋を扱うことが唯一の取りえとなっているために、今後は薬剤師の中でも先見の明を持って異業種ではなくても薬剤師の資格をいかすことのできる他の分野での転職を検討する方も増えて来るでしょう。


なかには医療品卸のような形態のビジネスによって経営を健全なものにする経営者も出ています。 あるいは、個人的な規模で経営されている薬局においては、薬剤師がこれまで現場で見てきた経験を参考にしながら、新たなビジネスモデルを打ち上げる良い機会ともなっています。


今後の薬剤師には、単なる薬のスペシャリストとしての位置付けだけではなく、経営の側面を視野に入れた活動が期待されます。 これまでは受け身で仕事をしていれば十分な収益を上げることができました。 病院から処方箋を手にしてやってくる患者さんを受け入れるだけで1日の業務が成り立ったのです。


しかしそれでは立ち行かなくなっている今こそ、今後の薬局としての方向性について経営者の参謀として健全なアドバイスを差し上げることができます。 そうしなければ、自分自身の職を失う結果にもなってしまいます。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ