QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

親切な薬剤師のいる調剤薬局の利点

わたしたちの健康を支えてくれる仕事がたくさんあります。 その中には医療機関に従事している人たち、さらには病院の外で処方箋に基づいて薬を調剤してくれる調剤薬局の薬剤師さんたちがいます。


病院によっては病院内で薬を受け取って帰宅することができますが、場合によっては院外の薬局を利用することになります。 ところで、調剤薬局というのは患者さんにお薬を渡す単なる窓口の役割だけを担うというわけではありません。 それは基本的な仕事であるものの、大切なことは患者さんが正しい理解に基づいて薬を服用することができることです。


そのため、薬局によって方針が異なるとは言え、できるかぎり親身になって患者さんの不安や質問に答えると共に、仮に何の質問もされないとしても、親切に説明を加えてあげる必要があります。 特に患者さんには表面的には見えない部分での注意が必要な場面があります。


例えばこれまでに薬の副作用で苦しんだ経験を持っているか、アレルギーはないだろうか、また医師に対してすべての報告をしておらず、他に飲んでいる薬がないだろうか、このような情報は円滑なコミュニケーションがあって初めて明らかになる事柄です。


そのため、特に初めて来られたような患者さんに対して、いかに巧みな仕方で当人の状態を聞き出すかということが大切です。 調剤薬局はいつでも医師と連絡を取ることのできる体制にしておかなければなりません。 特に、医師の出した処方箋通りに出すと患者にはリスクがあると判断する場合には、個人の判断で処方を変えることができません。


しかし、だからと言って危険の可能性を知っておきながらそのまま処方するのは親切なことではありません。 そこで、必要に応じて医師に確認してくれる親切な薬剤師のいる薬局であれば安心です。 さらに、医師には言い出せなかったものの、実は薬に対しての要望があるというケースも見られます。


例えば、飲み薬は苦手、液体は飲みにくいなど、好みの問題もあります。 親切に聞くことによって、患者さんに対してより適切な仕方での処方が可能になります。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ