QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬学部を出て調剤薬局で働くということ

もし調剤薬局で働くことを希望する場合には、事務を専門に行うための民間資格を取得するか、あるいは薬剤師として働くために国家資格を取得する必要があります。


薬剤師のための国家試験には受験資格が定められていますので、だれでも通信講座などで狙うことができる資格であるというわけではありません。 そのためには大学の薬学部など、薬学を専門にした課程を経なければなりません。


薬学部は6年制のため、調剤薬局薬剤師として働くためには、ある程度の人生プランを早い段階から作っておく必要があります。 医師とは異なって、親の都合で薬学部を目指すように促されるケースはそれほど多くなく、多くの場合は憧れによって本人の意思が先だって薬学部を受験することになります。


実際には統計上で薬学部に入学するのは女子の方が多いのですが、性別に関係なく活躍できる分野です。 薬学部を卒業して国家試験を経て、実際に調剤薬局で働き始める人は、実は全体の半分に足るか足りないかという程度です。 ほかは大学に残って研究を続ける、病院勤務、製薬会社、MRなどその活躍の場は多岐にわたります。


薬学を勉強しているうちに将来の方向性が変わってくることもあれば、実際に働き始めてから他の分野に興味がわいてきて、実際に転職などを経てキャリアチェンジする場合もあります。


薬剤師の仕事が女性に人気となっているのは、結婚や出産を経験して離職することになっても、再び働き始めるときに有利であるという考え方をすることができるからです。


実際に、ある程度子供たちが大きくなってから復職することはそれほど難しくありません。 単純に言ってしまえば多くの求人があるからです。 もちろん、将来の復職に有利という程度で薬学部に行くことは、経済的な面でも本当にメリットがあるのか考えなければなりません。


高い学費を払っていくことになりますので、それなりのキャリアプランを立てて上手に資格をいかしていくことが求められます。 最近では人材紹介や派遣会社も増えていますから、お仕事を見つけるという観点で苦労することはなさそうです。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ