QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

キャリアプランを考えるべき薬剤師

高収入は本人の決意で得られるものではないかもしれませんが、そのための方法をとることによって不可能ではありません。 特に難しい国家試験を経て薬剤師の資格を持っている場合には、その資格の生かし方によって高収入を得ることができます。


まず、大卒者の平均賃金について考えても、初任給で比べる場合には調剤薬局で働く薬剤師の場合は初任給の時点で大きく恵まれていることがわかります。


また、今後の展開に関しても、自由が利く身であれば薬剤師が不足している地域での求人に応募して、より良い条件の下で仕事をする、管理薬剤師や独立を視野に入れて働くこともできます。


ある程度は自分自身のキャリアプランについてゆっくりと考える時間を取らなければ、気付いたら毎日の仕事に満足していて、忙しいと言いながら年月だけが過ぎていくという結果になりかねません。 もちろん仕事に対して何を望むのかということが大きく関係してきます。


普通に生活していくための安定した給料を得るということだけを考えても、薬剤師という資格には大きな利点があります。 しかしそれと同時にキャリアプラン次第で経営の側に回る機会が開かれているのも確かです。


例えば、いきなり独立を目指すことには大きなリスクが伴いますので、管理を任せてくれるような調剤薬局で一定期間経験を積むことができます。


特に薬剤師の場合は薬そのものに対しての知識が深くて経験があっても、適正な在庫管理など経営の側面から考えれば、その方面では一から知識と経験を蓄えていかなければなりません。


管理に関する資格が存在するわけではありませんので、自分で実際の現場で働きながら感性を磨くことができます。 場合によっては独立を目指さなくてもそのような管理薬剤師としての仕事に生きがいと誇りを感じることができるかもしれませんし、経営者からの厚い信頼を獲得することができて、より良い待遇を引き出すことができるかもしれません。


いずれにしても、ただ薬剤師として調剤薬局ではたらくとしても、ふさわしい時期に自分自身の将来の展望について考えてみるのはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ