QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

ドラッグストアと調剤薬局

薬剤師の求人情報として、ドラッグストアからの求人も多いです。 ドラッグストアと呼ばれている店舗の中でも、実際に調剤室が完備されており、薬剤師が常駐しており、「病院の処方箋受け付けます」というところは、調剤薬局といえるでしょう。


しかし、同じ名前のドラッグストアチェーン店の中でも、調剤室がなく薬剤師も常駐していないところは、「○○薬品」という名前になってしまいます。


今のドラッグストアでは、食品、米類、日用雑貨、酒類まで販売しています。 酒類販売は、その資格を取得した店舗で販売ができます。 私たちの感覚では、「薬局」なのか「ドラッグストア」なのか区別すらできないところもあります。 調剤室があるけれど、狭いところであったり、在庫品が置いてあったりというところもあります。


「調剤薬局」と看板に、はっきり書かれているところは別として、ドラッグストアの中で調剤も可能な薬局かどうかを見分ける方法として、医薬品を購入する時にレジ担当の人にその薬品の効能などを聞いてみるということで判別ができます。


レジ担当の人のネームプレートには「一般従事者」と肩書が書いてあります。 そして、医薬品の効能や副作用の説明は「一般従事者」ではできません。 薬剤師がいれば、薬剤師と代わり薬剤師が説明をしてくれます。 そうすれば、その店舗は調剤併設型ドラッグストアということになるわけです。


また、最近多いのが日用雑貨の量販店にある医薬品販売コーナーです。 調剤室はなかったようなので、この店舗は「店舗販売業」ということになります。 「店舗販売業」で販売することができる医薬品は限定されています。 一般の市販薬を販売することはできます。


調剤薬局勤務と病院内薬局勤務、ドラッグストア勤務での給料を比較してみると、病院内薬局勤務では年収が350万円、調剤薬局では400万円、ドラッグストア勤務では初任給で400~500万円とスタートの時点から、差が出ています。


調剤薬局勤務では、昇給していけば500~600万円台まで上がります。 ドラッグストアで、店長クラスまでいくと年収は700万円を超すところもあるようです。 病院内薬局では、入院患者のために薬剤師も医師と同様に当直勤務もあります。 公的な病院となると、公務員となるのでそれに準じた給与体系になってしまいます。


病院内薬局に勤務すると、特に大学病院などではいろいろな症例も体験することができるので、自分のスキルアップに繋がります。 薬剤師として、研究をしたいという人には、院内薬局がよいのではないでしょうか。 どの場合でも、正社員としての薬剤師の給与ですが、パートとなると時給は2,000円くらいとなり、正社員とパート勤務の差は大きいようです。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ