QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

卒業して社会に出てからのキャリア構築

医師や薬剤師になるためには、6年制の大学で一生懸命勉強をして、その後国家資格に合格しなければなりません。 そのようなことを考えると、一人前の医師や薬剤師として医療の最前線で働くことができるようになるまでの道のりは、決して平たんなものではなく、それと共に費用の面でも他の学部に比べると多くなるということができます。


単純に考えて、通常の学部では4年間の学費が必要になりますが、薬学部の場合には6年間ですからその分だけの学費が必要になります。 しかしながら、学費に関して言えば国立の大学に入るのか、それとも私立の大学に行くかによって大きく変わってきます。 私大の方は入学金も授業料もすべてにおいて高く、6年間で比べると国立大学の場合とは大きな差が現われます。


何とかして国立に行ってほしいと思うのが親心としては本当のところかもしれません。 ただし、薬剤師になるための環境と言う方面で分析すると、私立の大学の方が設備等は優れているため、国家資格に合格するためにも、そして後の社会で本当に役に立つ薬剤師として活躍するためにも、私大で学ぶことには大きな益があるという見方もできます。


特に国立大学の場合には授業料は安いのですが厳しい予算の中でやりくりをしなければならないため、設備費の充実とは程遠い状態になっていることがあります。


もちろんお金をかければかけるほど国家資格に合格しやすくなるとか、その後の社会で投資した分をしっかり回収できるという保証が得られるわけではありません。


肝心なのは社会において薬剤師としてどのように自分の可能性を広げていき、第一線で大活躍をするかということにかかっています。 必要に応じて、最初に就職をしたところから調剤薬局薬剤師転職などを活用して転職をして、キャリア構築を図っていくことも良い方法であると言えます。


それなりの願いをもって薬学部に入学することになると思いますが、実際に働いてみることによってわかってくることもあります。 その時に状況に応じてしっかりとキャリアアップできる道を選んでいくようにしましょう。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ