QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

医薬品の管理を学ぶことのできる素晴らしい機会

少し慣れてきた頃に調剤薬局薬剤師転職を希望する人が多いのはなぜでしょうか。 それは給料の面での差からの魅力ではないはずです。 大きな病院で働いている場合には、それなりの報酬を期待することができますし、医師や看護師に比べると、薬剤師の仕事が激務というわけではないかもしれません。


もちろん転職を希望する場合にはさまざまな理由があると思いますが、その中の1つには調剤以外の分野での楽しみや経験に魅力を感じるからだと思います。


大きな病院においても、あるいは調剤薬局においても、その主な仕事は調剤です。 医師が作成する処方箋に基づいて、適切な薬を調合して実際に用意することがその仕事です。 調合の段階で誤りがあると大変なことになってしまいます。 細心の注意を払って、正確な仕事をすることが求められます。


さらには、医師が処方した薬をチェックする機能を果たすことが求められます。 場合によっては医師の間違いというよりも、患者が医師に対して現在服用している薬などの情報を正確に伝えなかったために、医師が処方した薬と、薬剤師が患者さんから得た情報に基づいて考える最適な薬というものが異なるかもしれません。


そのような場合には、勇気をもって医師に進言をすることが求められます。 これらの仕事はどこにおいても同じですが、調剤薬局薬剤師転職を希望することによってその他の方面での経験を積むことができます。


まず、医薬品を用いて調剤をするだけではなく、医薬品を管理するという責任を委ねてもらう機会が与えられるかもしれません。 その場合には、医薬品の保管状況や、どのくらいの適正在庫を持っておく必要があるのか、キャッ局の経営面から考えるときに、どのような管理方法が最適なのかなど、考える方向が変わってきます。


これまでは1スタッフとしての存在だったのが、一気に経営の側面でも考えるようになります。 そのような経験を積むことによって、その先の目標ができるかもしれません。


経営者として自分の道を進むことができるかもしれないのですから、いま一度薬剤師としての資格をどのように生かしていくことができるのか考えてみてください。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ