QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

求人の声が上がり続ける薬剤師

薬学部の年数が6年になってから最初の新卒者を採用することのできる2012年から、引き続き薬剤師の求人は多く出されており、慢性的な薬剤師不足に悩む病院や薬局も少なくありません。


そのように大きな需要がある分野ですから、上手に調剤薬局薬剤師転職をすることによって自分の理想とする働き方や、報酬面での目標を達成する機会が開かれているかもしれません。


特にいまの薬剤師育成における国の方針について考えるときに、国家資格を取得して実際の現場に立つ時には、ある程度即戦力として働くことができる程度にまで仕上がっています。


そのため、転職の時期も最初の病院で数年も働けば、立派なキャリアを積んだ薬剤師として、活躍するための土台をもって転職することが可能になります。


実際に薬剤師の求人についてみると、じつにさまざまな方面から薬剤師を求める声が上がっていることに気付きます。 その中の1つが調剤薬局薬剤師転職ですが、そのほかにも訪問医療チームの一員として働く機会や、製薬会社での仕事、治験などに携わる機会も開かれています。


最近では調剤薬局としての機能だけではなく、食料品や日用品を扱う大型のドラッグストアがどんどん進出しています。 そのような大型のお店では登録販売員と言う資格をもった人たちが活躍しています。 そうなってくると、薬剤師の仕事が奪われることになるのではないかと心配する声が上がるかもしれません。


しかしながら、基本的にいって登録販売員と薬剤師は全く領域の異なる仕事なのです。 登録販売員が扱うことのできる医薬品には限りがあり、いわゆるドラッグストアで店頭に並べられて販売されるような種類のものとなります。 ですから、登録販売員が薬剤師の代わりを務めることはできません。


今後も引き続き薬剤師を求める声が上がり続けることになると思います。 特に高齢化社会を迎えるにあたって、訪問医療の際の服薬指導、患者さんと辛抱強くコミュニケーションを取る能力などを持っている薬剤師が重宝することになります。 1つの場所で勤め上げるというより、積極的に転職を視野に入れていく時代であると言えます。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ