QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

10年後の自分を思い描くことができるか

そのまま勤務していても、生活に困るような状況に追い込まれることは想像しにくいという業界もあります。 その中には薬剤師としての資格をもって医療機関で働いている人たちもいます。


慢性的な人材不足に悩んでいる医療機関が多い中で、よほどの問題がない限り薬剤師がリストラの対象になることは考えられないかもしれません。


ところが、将来がある程度は保証されているという面では他の業界よりも有利に考えられるわけですが、だからと言って離職率や転職による人材の移動がほとんどないというわけではありません。


実際に、多くの薬剤師が「自分の5年後はどのようになっているのだろうか」と問いかけた結果、調剤薬局薬剤師転職を希望する、または一般企業でのお仕事に応募するなど積極的な取り組みをしています。


特に薬剤師は慢性的に不足していると言われていますが、実際には地方においてはそのような現象が見られるものの、都心部に注目してみるときにはある程度の数がそろっています。


どのような業界においても、売り手市場の場合には報酬面での期待もできますが、人材がそろっているような場合にはそれほど良い待遇を受けることができないかもしれません。


データでみると、都内で働く薬剤師の場合はそれほど売り手市場であるとは言えないかもしれませんから、積極的に自分の将来を見つめながら、必要に応じて転職やスキルアップの方法などを模索していくことは知恵の道であると言えます。


最近では調剤薬局に勤めても、同じ場所にずっといるだけでは年収の右肩上がりを期待することは難しくなっています。 だからこそ、いろいろな意味でアップを期待するためには転職が大きな転機となるのです。 最近では転職支援サイトなどが充実しており、無料登録を済ませるだけで豊富な情報に接する機会を持つことができます。


いま現在転職についてそれほど急いで考えているというわけではないとしても、いまのうちからどのような方向性があるのか、そのことについて知っておくだけでも大きな励みになるに違いありません。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ