QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

将来的に必ず役立つスキルを磨くために

せっかく6年制の大学に行って薬剤師として働くようになったので、薬剤師として働くこと自体が最終目標ではなんだかさみしいのではないでしょうか。


もちろん、大学に入学する当初から明確な将来のビジョンを持っているとは限りません。 仕事をしていく中で見つけていくものでもありますから、まずはしっかりとスキルを磨くことのできる大きな病院に勤めるというのも良い方法だと思います。


そのような場所において、正確な調剤を心がけることは、将来にわたって信頼のおける薬剤師として働くために大切なことです。 また、時として組織の中でまず働くことには大きなメリットがあります。 そこでの他の人とのコミュニケーションの取り方、我慢をすることなど対人関係での能力が強化されます。


場合によっては医師の処方に疑問を感じて、そのことに対して医師と連絡を取るくらいの勇気が求められます。 やがてそのような組織の中で働いて、調剤薬局薬剤師転職などの機会を活用して新たな分野にチャレンジしていくことができます。 実際のところ、働いているうちに自分自身が本当にやりたいことの方向性が見えてくることがあります。


なかには待遇面の改善を期待して転職するのではなく、将来的には独立を視野に入れて計画を立てていく人たちもいます。 独立を視野に入れるとなると、そこからのキャリア構築は大きく異なってきます。 では、独立開業を目指すためにはどのような分野での能力やスキルが求められるのでしょうか。


いろいろありますが、やはり根底にはコミュニケーション能力がなければなりません。 基本的には薬剤師の仕事は患者さんに対するサービスをふさわしい仕方で提供しなければなりません。 いくら素晴らしい調剤の能力を持っていても、患者さんから選んでもらえなければ意味がありません。


患者さんにとってよい薬局とは、ただ正確に薬を出してくれるという信頼だけではなく、話をよく聞いてくれる、相談に乗ってくれる、しっかりと説明をしてくれるなどの評価が必要になります。 今の職場でも十分にコミュニケーション能力を磨いていける機会があると思います。 すべては明日につながります。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ