QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬剤師が働ける場所と、その特徴

薬剤師の皆さん、転職で悩んでいませんか。転職を成功させ、新生活を送りたいなら、まずは自分がどこでどう働きたいかを明確にする必要があります。そこで今一度、薬剤師はどんなところで働けるのかおさらいしてみましょう。


・調剤薬局

調剤、服薬の指導、薬歴管理が主な仕事になります。近年、調剤薬局では在宅医療への取り組みが広がっています。高齢化はますます進むため、その傾向はこれからさらに強まるでしょう。


薬剤師の求人は多く、在宅求人も増えているため、転職はしやすいです。


・病院

いろいろな患者がいるため、注射液、点滴、内服薬などさまざまな薬を扱います。薬品管理、製剤、DI業務、治験などが主な仕事です。特定の病気をあつかっている病院では専門の知識や技能を求められますが、その分やりがいがあります。


病院は薬剤師の中でも人気の高い就職場所ですが、求人数は少なく、そのため競争は激しいです。


・ドラックストア

OTC販売と、調剤が主な仕事になります。店によってはどちらか一方だけのこともありますし、レジ打ちや品出しなど店員の仕事まですることもあります。


販売も行うため、接客スキルや高いコミュニケーション能力が求められる職場です。ドラックストアの求人はとても多く、そのためどの地域でも転職しやすいです。しかし、大小さまざまな会社があるため、中には福利厚生がきちんとしていないところもあるため注意が必要です。


・製薬会社

製薬会社と聞くと研究職を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、研究職につけるのは院を卒業した一部の優秀な人だけです。製薬会社の求人で多いのはMRです。MRとは自社の薬のさまざまな情報を病院にいる医師や薬剤師に提供することが仕事です。


しかし、MRは薬剤師の資格がなくてもなれます。残念ながら、ほかの求人もありますがとても少なく、MR以外で製薬会社に転職するのは至難の業だと思われます。


このように、薬剤師はさまざまな場所で求められています。転職を決意したら、まずは自分はどの仕事へ転職したいのか決めると、スムーズに次の職場を探すことができますよ。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ