QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬剤師の給料とその相場

転職して心機一転、新生活を送りたいとお考えの皆さん。給料の値段ばかりに注目していませんか。高額である求人は、そうなっている理由があるものです。


そこでまずは、薬剤師の給与について詳しく知っておきましょう。


・全体平均

厚生労働省が過去に行った調査によると、薬剤師の平均月収は37万円でした。そのため、ボーナスを合わせた平均年収は530万程度です。


時給の平均は2130円でした。このように、やはり他の職種から比べると、薬剤師の給料は高額のようです。


・職場別

とはいえ、薬剤師はどこに勤務するかによって、給料に差があります。ドラックストアの場合は400~700万程度。調剤薬局の場合は400~650万円程度。


病院の場合は400~650万円程度。製薬会社の場合は400~800万円程度。以上が、おおまかな相場だと言われています。


調剤薬局や病院よりも、ドラックストアのほうが上限が高いですが、700万まで給料を上げるためには、店長クラスにならないといけないようです。


また、製剤会社は研究職につくと更なる高収入が望めますが、狭き門でなるにはかなりハードルが高いです。研究職以外で製剤会社に入社した場合は、MRとなることがほとんどです。


MRは営業職であり、収入を上げるには営業成績をあげなくてはなりません。しかし大手の製薬会社のMRともなれば平均年収が1000万を超えるところもあります。


・性別による収入の差

男女別の平均年収を調べてみると、男性が562万円なのに対し、女性が520万円となりました。薬剤師は女性が多いですが、給料の面では多少男性のほうが高額になるようです。


いかがでしたか。このように一口に薬剤師といっても、勤務する場所によって収入には差が出てきます。そのため、転職先はどこにするかしっかり考えましょう。


しかし、高額だからとMRに転職しても、高い営業スキルやコミュニケーションスキルがなければ、前の職場よりも収入が減ってしまう事態も考えられます。


そのため、給料ばかりではなく、自分の適正やスキルもよく考え転職先を探しましょう。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ