QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬剤師の転職で収入アップを狙うなら

薬剤師の皆さん。どうせ転職するなら、収入をアップさせ、新生活を楽しみたいですよね。では、転職でうまく収入をアップさせるには、どうすればいいのでしょうか。


・ドラッグストアへ転職する

調剤薬局や病院勤務と比べると、ドラックストアは給料が少し高い傾向にあります。とはいえ、最近はドラックストアも平均年収が横ばいになってきています。


なるべく業績がよく、店舗を増やしてるところが狙い目です。更なる収入アップを望むのなら、店長職を目指しましょう。そうなれば年収700万円も夢ではありません。


・地方へ転職する

薬剤師は、都会から離れれば離れた分だけ給料が高くなる傾向にあります。これは都会には人も店も多いためです。競合店が多い都市部ほど、客が分散してしまうため、一店舗の利益は減ります。


また人がたくさん住んでいる地域は、薬剤師資格を有した人の数も多いため、給料の値段を吊り上げなくとも応募者が集まるのです。しかし、人が少ない地域では容易に薬剤師を確保することができません。そのため給料をあげてでも薬剤師を確保しようとするのです。


地方の中には、経験の浅い薬剤師でも初年度から年収が600万円以上が当たり前だという地域も珍しくありません。しかし注意していただきたいのは、大手チェーン店に勤め、地方に配属されれる場合です。


この場合はどの地方で働いても給与体系は同じですので、収入アップは望めません。


・管理薬剤師になる

管理薬剤師は医薬品の管理や、従業員の監督、帳簿付けなど行うため、普通の薬剤師よりも責任が重いです。それゆえ、手当がつき給料が高くなります。年収で比べると一般的には50~60万はアップします。


資格が必要ないため、管理薬剤師は薬剤師であれば誰でもなれます。そのため、収入アップを狙うなら、ぜひ管理薬剤師になりましょう。


・MRになる

製薬会社のMRになれば、高収入が見込めます。中には年収1000万以上稼ぐ薬剤師MRも少なくありません。しかしMRになるには認定試験を受けねばならず、営業のセンスや専門知識も必要になります。


そのため生半可な気持ちではMRは勤まりません。しかし、その分とてもやりがいのある職業です。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ