QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬剤師転職支援サイトでの給料が高い求人の気をつけるべきポイント

転職を希望する薬剤師の中には、収入アップを期待して活動している人がたくさんいます。たしかに高い賃金は魅力的です。しかし、高収入だけを目標に転職すると、新生活をはじめてから失敗したと後悔することがあります。


そこで、気をつけるべきポイントを知っておきましょう。


・労働環境が苛酷過ぎないか

処方箋の数が多く激務だったり、薬剤師が一人しかいないために休みがほとんど取れなかったり、残業が多かったりと、ほかよりも厳しい労働環境であるがゆえに給料を上げているところがあります。


もちろん、そういう場所だと理解して、高収入をねらって転職するのはありです。ですが、給料の額ばかり見て転職すると、ついていけずに身体を壊すなどして、結局また転職するはめになるので気をつけてください。


そのため、納得して応募する場合でも、自分の能力を正確に把握することが大切です。


・昇給は期待できるのか

初年度から高収入を得られる職場だったけれども、その後ほとんど昇給が望めなかったということがあります。


昇給が望めない場合、何年もそこに勤めていたら、他はどんどん給料が上がっていくため、気がついたら自分は同年代の中でも低めの収入になっていたということになりかねません。


そのため、初年度の給料を見るよりも、全体的な長期のキャリア形成が大切です。


・勤務地はどんな場所なのか

薬剤師は勤務地が田舎であればあるほど高収入になります。ゆえに、金額だけにとらわれていたら、勤務地が過疎が進んだ僻地だったということもありえます。


また、それほど田舎ではないからと安心していたら、交通の便が整っていないため、通勤が大変な場所だったということもあります。大手チェーン店の場合は、勤務地を選ぶことができないために高収入にしているところもあります。


そういったポイントをきちんとふまえた上で、無理なく通える場所の求人を選びましょう。


・離職率が高くはないか

給料のわりにあわないほど激務過ぎる、人間関係が劣悪などの理由から、人が居つかず、給料を上げている求人もあります。こういったことは求人には書かれておらず、面接のときにも直接尋ねにくいことです。


しかし、優秀なコンサルタントの中には、なぜ求人を出したのか、詳しく企業へ聞き取りを行ってくれている人もいます。また、経験が豊富なコンサルタントは、そういったことに対する勘が鋭いことが多いです。


そのため、優れたコンサルタントを利用すると、うまく回避しやすくなります。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ