QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬剤師が転職先を見つける方法

転職を成功させ、充実した新生活をおくりたいですよね。それにはまず、転職先を見つけなくてはいけません。では、薬剤師が転職先を見つけるには、どのような方法があるのでしょうか。


・仲介サイトを利用する

現在もっとも多いのは仲介サイトに登録して転職するパターンです。薬剤師の転職に詳しいコンサルタントもついてくれるため、すべてを自分ひとりで行う場合よりも楽にできます。


こういったサイトは非公開求人も扱っているので、給料が高い職場や、やりがいがある職場を見つけることができます。しかし、登録は無料ですが、あちらはまったくの無償で仲介をしているわけではりません。


採用が決まると、推定される年収の20~30%ほどの金額が、報酬として、薬局や病院から仲介サイトに支払われます。中にはノルマが課されている為、無理にでも転職を進めてくるところもあるので、サイト選びには注意が必要です。


・自力で探す

中には、自分の力だけで転職先を探す人もいます。企業の中には自社のサイトに求人を載せていたり、一般の求人雑誌にも募集記事を載せているところがあります。そういった情報を集め、自分で応募するのです。


しかし、同時期に仲介サイトにも同じ募集を載せている場合もあります。自分ひとりの力で転職先を探していると、どうしても一歩遅れてしまう可能性があることは忘れないでください。


・職業安定所を利用する

職業安定所に行き、そこから気に入った求人に応募します。上で書いたように、仲介サイトは企業側が高額な手数料を支払わなければならないため、職業安定所だけに求人を出しているところもあります。


ただ、そういったところは中小の地域に密着した薬局などが多いです。職業安定所には相談窓口がありますが、仲介サイトのコンサルタントと違い、薬剤師の転職に特化した知識がある人はいません。


いま住んでいる場所から動く気がなく、地元に密着した場所で働きたい人などは利用するといいでしょう。


・人に紹介してもらう

大学の友人や、教授などから、転職先を紹介してもらう方法です。とくに友人ならその職場の実情を知っていることが多いため、あまり酷い場所を紹介されることはありません。


しかし、例えその職場が辛くても、紹介してくれた人のメンツを潰さないために、なかなか辞められないというデメリットもあります。いかがでしたでしょうか。


このように、薬剤師が転職する方法はいくつかあります。どのような転職を希望するかによって、上手に使い分けてくださいね。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ