QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬局の変化

最近の薬局、ドラッグストアの変化は目まぐるしいものです。 特に薬局同士の距離が決められていた昔は、道路を挟んで薬局が立ち並ぶという光景は見られませんでした。 現在では、病院の近くには調剤薬局が多数建てられています。


その傍にはドラッグストアもあり、ドラッグストアのチェーン店舗の中には、「処方箋受け付けます」というところもあります。 まるで半分が、調剤薬局であり、半分では日用雑貨なども置かれています。


そのため、店舗内には薬剤師とレジなどや陳列を担当する一般従業員が混在しています。 その中の1店舗では、「薬剤師募集」という求人募集の張り紙と一緒に「パート・アルバイト店員募集中」が、貼られていました。


取り扱う医薬品によって、薬剤師が必要であったり、コンビニでも販売されている副作用や劇薬指定ではない医薬品は、アルバイトの店員でもレジで扱うことができます。


医薬品は第一類から第三類医薬品まで分けられています。 2009年の薬事法改正により、第三類医薬品はコンビニでも販売できるようになりました。 リスクが少し高い第二類医薬品の一部も最近では、販売が可能となりました。


一般大衆薬・市販薬と呼ばれているものです。 ビタミン剤・消化剤・整腸剤などや、のどあめや咳(せき)止めのトローチなどです。 風邪薬や胃薬、鎮痛剤は第二類医薬品で、薬事法改正の当初はコンビニ販売が可能とされていたものの、リスクも高いため現在では販売が見送られています。


この種類の医薬品は、薬剤師からの説明や薬剤師が確認しながら販売することが必要との見方からです。 また、最近のドラッグストアでは、酒類・米・公共料金の代行収納まで可能な店舗もあります。 酒類は、その店舗の店長などが講習会に出席するなどして販売許可を取得しなければなりません。 そして店舗の外や内側に許可証が貼られていなければなりません。


米に関しても同様に営業許可が必要です。 以前は、町内に必ずあった米やさん、時計やさんなどは現在では見かけられなくなっています。 米もスーパーや一部のドラッグストアで販売されています。 時計も携帯電話の時刻を見れば済むことなので、時計は「おしゃれ」として持つ人が多いようです。


コンビニなどでは以前から取り扱われていた公共利用金の代行収納は、銀行などの入り口にあるような行政の料金代行収納という「看板」が必要というものです。


代行収納が可能なものは、請求書にバーコードが印字されており、取扱店舗が明記されているものに限定されます。 またバーコードがあっても支払期限が過ぎているものは、レジで読み込みが不可能となり支払いができません。 支払金額が訂正されていても、レジを通らないというわけです。 そのような場合は、銀行などでは支払いは可能です。


調剤室を持ち保険薬局として存在していながら、このような代行収納もするという状況では薬剤師は調剤に専念することができなくなります。 そのため、一般の店員の募集もしているかと思われます。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ