QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬剤師不足が心配される地方

医療業界は近年、慢性的な人手不足に悩まされています。薬剤師もその一つですが、年々、薬学部や薬剤大学などが増加傾向にあるにもかかわらず、相変わらず人手不足で関係者の頭を悩ませています。


薬剤師は薬学部や大学の乱立していることから、将来的には薬剤師数がありあまるのではないかと心配されていますが、それでも人手不足は一向に解決していないようです。


特に東京や大阪などの都心部に薬剤師が集中する傾向にあるため、地方に行けば行くほど、薬剤師不足は深刻化しています。


薬剤師が働ける場所というと、一般的には病院や調剤薬局、またはドラッグストア、製薬会社などがあります。製薬会社は薬剤師の資格を持つ方からは、人気の職場となっていますが、そのため就職倍率も高いとされています。


病院や診療所も人気がありますが、こちらもあまり中途採用などの求人が出回らないことから、就職が難しい職場と言われています。


薬剤師が勤務する中でも、もっとも多いとされる職場は、調剤薬局やドラッグストアとされており、チェーン展開している大手薬局や地域密着型の地方薬局などがあります。


地方で転職は狙い目?

薬剤師が働く場合、やはり安定した職場で仕事をしたいと考えてしまうものです。そのため、大手薬局チェーン店や大手ドラッグストアに就職を望まれる方が多く、地方の薬局から薬剤師離れが増えているということになります。


もちろん、地方にも大手調剤薬局や大手ドラッグストアはありますが、比較的、人口の多い都心部で営業していることが多いため、なかなか地方には薬剤師が回らないといったことになります。


地方にいくと、交通アクセスが悪かったり、物価が安いため、給与そのものが安くなっているといった点からも、薬剤師が就職や転職する場合、なかなか選びにくいといったこともあるようです。


最近ではこうした事情から、地方でも薬剤師の初任給を高めに設定していることも多く、地方によっては、都心部とあまり給与に差がないこともあるようです。物価が安くなっている分、地方で転職したほうが利点が多いかもしれませんね。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ