QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬剤師を目指すには

薬剤師になるには、薬科大学または大学の薬学部で6年間の養成課程を修了し、薬剤師の国家試験の受験資格を取得したあと、薬剤師の国家試験を受け、合格すると晴れて薬剤師になることができます。


以前は薬学部は4年制となっていましたが、平成18年度からは6年制が取り入れられたため、学費がこれまでより高くなっています。また、薬剤師の国家試験は年に一度の実施となっており、薬剤師の合格率は平均で7割から9割程度となっています。


薬剤師の資格を取得できると、調剤薬局や製薬会社、ドラッグストアに病院などといったさまざまな医療関連業種への就職が可能になります。就職活動は基本的に6年生のうちにしますが、薬剤師の資格を取得することができなければ、内定取り消しといったこともありえます。


薬剤師は資格をとったからといって、この先勉強しなくてもいいといった資格ではありません。むしろ、薬剤師を続ける以上、ずっと勉強が必要な職業になります。


医療業界の進展とともに、新しい薬の開発も次々とされますので、常にアンテナをはっておき、新しい薬の勉強をする姿勢でいなくてはなりません。


また、薬剤師のお仕事は調剤をすることがメインのため、常に集中力が必要な仕事になります。調剤を一つ間違えてしまうと、命にかかわることもありますので、医師から指示された処方箋を間違いなく調剤する注意力も必要です。


薬剤師の転職

難しい国家試験をなんとかとおり、薬剤師として活躍をしていても、中には転職をされる方がいらっしゃいます。人数の少ない調剤薬局や、夜勤のある薬剤師の場合、結婚をして妊娠を機に転職を考える方というのは少なくありません。


特に転勤のない地方の調剤薬局などの場合、もともと勤務している薬剤師の人数が少ないため、シフト制で働いていたり、薬局に二人しかいないということもあります。


こういった場合、妊娠をして出産後、子育てをしながらの仕事は続けにくいと考え、子育てをメインにできる職場へと転職を考える方が多いようですね。


最近では働く女性向けの制度を整えた薬局なども増えてきましたが、小さな薬局などでは追い付いていないのが現状のようです。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ