QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬剤師が転職を考える理由

薬剤師として働いていて、転職を考え始めるのが3~4年経過してからという方も多いようです。薬剤師に限りませんが、社会人として働きだして、ある程度仕事を覚え、ひととおり任せられるようになるのが大体3年目ぐらいと考えられます。


だんだんと責任感も生まれ、仕事にもやりがいを覚える一方で、このままでいいんだろうかという不安にかられるのも3年目ぐらいではないでしょうか。


特に女性の場合、結婚や出産、子育てを考えなくてはならないため、実際に結婚をしたことをきっかけに転職をされる方というのも少なくありません。


薬剤師の場合、大学受験や国家試験に一度で合格したとしても、6年制のため、卒業してから3~4年働いていると、女性なら誰しも結婚を考える年齢になってきます。


大学受験や薬剤師の国家試験に失敗した場合、さらに年数を重ねていることになるため、働きだして3年目ですでに30歳目前になるといったことも珍しくありません。


就職活動をしている間は、とにかくより良い就職先をと思っていても、やはり働き出して自分の人生を考えると、子育てをしながら働いていけるかどうかといった点は、大きな問題となってきます。


管理薬剤師を目指す

それ以外でも薬剤師が転職を考え始める理由になるのが、今の職場でのスキルアップが難しいといった点です。


大手企業ならそれなりのポストも用意されていますが、中小企業の場合、ポストがなかなか空かなかったり、空いていないということで転職を考える方もいらっしゃるようです。


薬剤師は2年目ぐらいから管理薬剤師になることができますが、勤務している職場で管理薬剤師のポストが空いていないと、チャンスが巡ってこないことがあります。


こういった背景から、管理薬剤師になることを希望し、転職先を探すといった薬剤師も多いようです。


管理薬剤師は最低でも薬剤師の経験が3年以上あるとなれると言われていますが、3年目を超えても管理薬剤師として昇格できないようなら、転職を考えたほうが良いかもしれません。


管理薬剤師を募集している業種のお仕事は多いので、スキルアップを目指すのなら、3年目をめどにしておくのがいいかもしれませんね。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ