QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

調剤薬局でのお仕事

薬剤師は一度資格を取得すると、一生職に困らない職業だとも言われています。最近では特に薬剤師が人手不足となっているため、売り手市場となっており、就職や転職先には困らない職業でもあります。


薬剤師になるとさまざまな職場で働くことが可能になってきます。一般的に多いのは調剤薬局やドラッグストアと言われていますが、その他にも病院や製薬会社、官公庁などといった就職先があります。


調剤薬局は病院で診療を受けた患者さんが、医師からの処方箋を持ち、訪れてくる場所になります。薬剤師からも人気の高い職場で、特に女性薬剤師からの支持が高くあります。


調剤薬局のお仕事は、患者さんの受付と処方箋の調剤、服薬指導に会計などがあります。基本的には調剤がメインのお仕事になりますが、勤務している職場によっては、さまざまな事務処理なども行うようになります。


一般的に調剤薬局は、総合病院などに併設されていることが多く見られますが、中には整形外科や内科のみといったような病院の近くに設置されているケースもあります。


特定された診療科のみの場合、取り扱う薬も限定されるため、特定の専門的な知識が必要になってきます。しかし、総合病院の場合、さまざまな診療科を取り扱っているため、調剤薬局でも幅広い知識が必要となってきます。


また、病院が大きければ大きいほど、患者さんの数も増えてくるため、正確さとスピーディーさの両方を要求されることになります。


病院の薬剤師

薬剤師として働ける職場として、病院や診療所があります。病院で勤務する薬剤師は医師や看護師といった現場の医療従事者とともに仕事をします。


医師からの指示を受けて調剤をするだけでなく、患者の投薬履歴などの管理をしながら、医師にアドバイスを行うこともあります。


医師からの処方箋を調剤するだけでなく、患者さんへの服薬指導なども行います。医薬品の管理なども薬剤師のお仕事になります。調剤薬局の薬剤師と異なる点は、やはり医師や看護師と力を合わせて患者さんの治療をベースに仕事をしていくことではないでしょうか。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ