QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

ドラッグストアでの薬剤師のお仕事

近年ではドラッグストアに就職する薬剤師も多くなってきました。以前は薬剤師の資格をとると、調剤薬局や病院に就職するのが一般的でしたが、最近では大手ドラッグストアがチェーン展開していることで、薬剤師を幅広い地域で募集するようになっています。


最近では大衆薬と言われるOTCが、薬剤師意外でも販売することができるように法改正されました。より薬効の強い薬の販売は、以前と変わらず薬剤師の資格がないと販売することができませんが、今まで以上に薬剤師の薬販売における役割は大きくなったと言えます。


ドラッグストアでは薬やOTCの販売だけでなく、日用品や健康食品といったさまざまな商品を取り扱っており、それらを販売しています。薬剤師は薬の知識だけでなく、こういった日用品などの在庫管理もしなくてはなりません。


商品知識を身に着けたり、店舗での売れ筋チェックや発注業務などといった、いろいろな業務をこなすことになります。店舗によっては調剤業務も行っている場合もありますので、販売管理だけでなく調剤に関しても勉強を続けなくてはいけません。


独立をしたいなら

ドラッグストアでの薬剤師は、主にOTCの販売を期待されている部分が強いですが、店内のさまざまな日用品なども販売しなくてはなりません。


大型店舗でない限り、薬剤師がドラッグストアに勤務する場合、店長として雇われることが多く、薬のことだけを考えるのではなく、お店全体の販売管理を任されることになります。


そのため、お店の管理だけでなく、アルバイトやパートのマネジメントなども行わないといけないため、採用業務や勤務シフト管理なども行います。また、お店全体の売上管理やコスト管理といった、さまざまな管理も同時に行わなくてはなりません。


将来的に独立を夢見ている方ならば、ドラッグストアで経験を積んでおくと、さまざまな販売管理能力が身につきます。


また、ドラッグストアでの経験値を活かし、流通業界へと転職する方もいらっしゃるようです。調剤業務のみを重点的にしたいと考える方の場合、調剤薬局へ就職や転職をしたほうが良いでしょう。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ