QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬剤師の転職する理由

薬剤師になってみたものの、いざ働き始めると、こんなはずじゃなかったと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に希望の業種へ就職できなかった場合、勤務している会社を不満に感じ、転職を考え始めるという方も少なくありません。


薬剤師はとても女性が多い職場として知られています。女性比率は約7割程度となっているため、結婚や出産、または介護などといった家庭事情で転職をされる方も多くいらっしゃるようです。


また、女性が多い職場ということは、それだけ人間関係にストレスを感じ、転職を考えるといった方もいらっしゃいます。人数の多い職場ならまだしも、少人数の職場なら、そのストレスは計り知れないことでしょう。


さまざまな理由から転職を考える薬剤師がいますが、転職先として考えるのはやはり同業種や同職種が多いようです。


調剤薬局に働いていた場合ならドラッグストアに、または他の調剤薬局へ転職といったケースが多く見られます。未経験の業種の場合、募集すらしていないこともあるため、転職するにもハードルが高そうです。


転職を成功させるには

例えば製薬企業から調剤薬局への転職は可能とされることが多いですが、調剤薬局から製薬企業への転職は難しいとされています。製薬会社の中でもMRといった営業要素の強い職種の場合、転職も可能ですが、開発職や研究職への転職は難しいとされています。


また、調剤薬局から病院への転職も難しいと言われています。特に大手の総合病院や歴史ある病院などの場合、他の病院や調剤薬局でついた習慣を嫌う場合があるため、新卒でない限り、就職は難しいと言われています。


ただし、新設される病院の場合、逆に経験者を歓迎することが多いため、新設の病院などはねらい目と言えるでしょう。


結婚や子育てをきっかけに転職する場合、転職先には短時間勤務を望まれる薬剤師も多くなっています。


最近では薬剤師不足の解消のために、薬剤師のパートやアルバイトで雇用する企業も多くなっているため、子育て期間はパートとして勤務し、子供が大きくなったら正社員として復職するといった方も多くなっています。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ