QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

転職をするときは早めに相談を

転職をしようと考えたとき、どんな職種であっても前もって下準備が必要と言えるのではないでしょうか。薬剤師が転職する場合も同じです。


転職をするには今の職場の退職の手続きをとることと、新しい職場への転職手続きをとる必要があります。特に大事なのは、やはり退職する際の手続きといえます。


薬剤師は専門的なお仕事になるため、自己都合のみで退職をすると、職場にとても迷惑をかけてしまうことになるため、早めに退職の意志を伝えておくことと、引き継ぎ業務を行うことです。


特に管理薬剤師として働いている場合、職場に他の管理薬剤師がいれば良いですが、他に誰もいなかったり、または薬剤師が自分1人だけといった場合は、後任の薬剤師が決まるまで、新しい職場へと転職するのは難しいと考えていたほうが良いでしょう。


薬剤師の場合は、できれば2カ月前ぐらいには転職の意志があることを会社や上司などに伝えておくのが良いと言えます。


あまりにも急すぎると、後任を決めるだけになってしまい、引き継ぎもろくにできなかったなんてことにもなりかねませんので、早めに伝えるようにしましょう。


転職活動は退職してから?

転職する側にとってみると、できれば退職する前に次の転職先を決めておきたいと考えるものです。しかし、円満退職をしたいと考えるなら、一番ベストなのは退職後に転職先を決めるということになります。


リスクが大きい気もしますが、薬剤師は人手不足のため、業種にこだわらなければ、すぐに転職先を見つけることは可能でしょう。しかし、転職したい業種がきまっており、これまでと全く異なる分野にチャレンジしたいと考えている場合は別です。


すぐに転職先が見つからないことも考えられるため、長期的な転職活動期間が必要になることも覚悟しておかなくてはなりません。


転職先によっては、現職の引き継ぎ期間を考慮してくれることもありますので、面接の際に正直に引き継ぎ期間が必要だと正直に話してみるのもありかも。ただし、人手不足で求人を急いでいる場合は、融通がきかないと考えておいたほうが良いでしょう。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ