QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

調剤薬局薬剤師の収入は?

調剤薬局薬剤師はどれぐらいの稼ぐことができる仕事なのか気になりませんか?調剤薬局薬剤師求人情報を見ると、ほとんど一般的な企業と変わらないようにも見えますが、実態はどうなのでしょうか。


実は、新卒から働く場合は、他の職種に比べて高待遇となっております。具体的にいくらほどの収入になるのか見ていきましょう。


一般的に調剤薬局薬剤師の年収は平均すると400万円ほどと言われております。これだけ聞くと、他の職種とさほど差はないようにも思えます。しかし、一番の魅力は新卒の時点からこれぐらいの年収になることが多いという点です。


普通新卒であれば、年収300万円前後からスタートすることが多いため、そういった点から見ると非常に有利とも言えます。住宅手当や地域手当なども充実している事も影響していると言われております。


ただ新卒でこれほど高待遇にも関わらず、年収が同等の金額になるということは、それだけ昇給の機会が少ないとされております。


通常は、勤務を重ねるにつれて能力や実績が認められ、それに応じて昇給していくものですが、調剤薬局薬剤師にはそういった機会がほとんどないのです。


ただし、役職がある場合は別です。調剤薬局にある役職に、管理薬剤師といったものがあります。それだと最低でも500万円は超えるようになります。


それでも大幅なアップとはなりませんので、もしコツコツと実績を積んでのし上がり、より高待遇を目指したいといった方には、若干物足りないかもしれません。


またドラッグストアや製薬会社では、店長になったり、管理職になったりすれば、年収700万円や800万円といったことも可能になります。たどりつくにはかなりハードルが高いのですが、より高年収を目指すのであれば、そういったところで働くのもよいでしょう。


最初から、比較的高い収入で働き始めることができることが、大きなメリットです。ただし、そこからの昇給が難しいため、野心が強い方や成果主義などを考えている方には少し不満を抱くかもしれません。


自分の性格に合わせて、どこに勤めるのかを考えるとよいかもしれません。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ