QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

調剤薬局薬剤師は働きやすい

調剤薬局薬剤師の一番の魅力は働きやすいことです。もちろん収入という面でも比較的安定している職業なので、安心して勤め続けることができるという利点があります。


それよりも、勤務時間や労働環境などの面において、働きやすいと言われている点がいくつかあります。具体的にどういったことか、説明していきます。


調剤薬局とは、病院に隣接していることがほとんどであり、仕事内容のメインとなるのは処方箋にそった調剤の調合、そして薬の受け渡しと説明です。つまり、病院が営業している時間帯とほぼ同じ時間帯に営業しております。


病院は、午前中が一番忙しく、診療も17時か18時で終わるところがほとんどです。また土曜日は午前中だけだったり、日曜日、祝日は休みのところがほとんどなので、調剤薬局もそれに合わせて休みになります。


つまり、勤務時間帯が公務員並みに安定しているのです。残業や休日出勤などもほぼありませんので、仕事とプライベートを充実させたいという人にとっては、非常に働きやすい環境なのです。


子育て中の母親にも働きやすいこともあり、調剤薬局には比較的女性の方が多くいらっしゃいます。求人情報に書いてあることと実体は違うことが多い中、調剤薬局薬剤師求人情報に記載している待遇は、そのまま受け取っても問題はないでしょう。


仕事中に関しても、忙しい時間帯はおおよそ決まっております。先ほど述べたように、病院は午前中に患者さんが集中するので、調剤薬局も午前中が当然一番多忙です。午後診療は14時から17時頃となるため、16時から18時頃も比較的忙しい時間帯です。


病院は繁忙期といったものが、他の職種に比べてありません。風邪をひきやすい時期などはありますが、それも患者の数を大幅に増加させるようなものでもないので、年間を通じての忙しさはほぼ横ばいです。


つまり、何年か働き続けることで慣れていくものなので、ベテランになればなるほど安定した状態で勤務することができるようになります。


近年は、仕事第一主義ではなく、仕事とプライベートを両立させ、人生そのものを充実させることを重要視する人が増えております。 調剤薬局薬剤師はその点から見て、働きやすい環境なのです。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ