QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

調剤薬局薬剤師になるにはどうすればよいのか

調剤薬局薬剤師とは誰でもなることができる職業ではありません。薬剤師の資格がなければ始めることが勤めることができないのです。そのためまずは「薬剤師国家試験」に合格する必要があります。


薬剤師となるために、一般的にはどういった道筋をたどっていけばよいのか、詳しく説明していきましょう。


初めに、薬剤師国家試験に合格するためにはどうすればよいのか、という点から見ていかなければなりません。


実は受験資格があるのは、大学の薬学部や薬科大学で、6年間の薬剤師養成課程を修了していることが条件となっております。そして薬学系の学科を設置しているのは全国で74校しかありません。


つまり、決まった大学・学科できちんと6年間履修をし終えた人しかスタートラインに立つことができないのです。薬品は扱いを一つ間違うと、人の命の危険にもつながるので、当然と言えば当然かもしれません。


そして肝心な薬剤師の国家資格ですが、これは年に一回実施され、全国の主要都市開催されております。ただ合格率は70%から90%と比較的高い水準にあるため、大学をきちんと卒業した人であれば、ほぼ合格すると思っても問題ありません。


こうして試験に合格した人が、厚生労働省の薬剤師名簿へ登録され、薬剤師免許が与えられるという仕組みになっております。


求人の条件となるのは、資格以外にはほとんどありません。年齢や性別などに制限はありませんし、その点は一般的な企業と差異はないでしょう。


ただし、「管理薬剤師」は別です。調剤薬局薬剤師求人情報を見ると、「管理薬剤師」という管理職の立場の求人掲載があります。実は、医薬品の取り扱いや販売・製造するところには、管理薬剤師を置かなければならないと法律で決められております。


一般的には、薬剤師として○年以上の実務経験が必要、といった条件があることがほとんどですので、転職サイトで比較的見かけることが多くなります。


調剤薬局薬剤師になるには、まず薬学部のある大学に入る事から始めなければならないので、若い時に薬剤師になるという目標を持っていなければなりません。


そういった意味では、比較的門戸が狭い職種なのかもしれません。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ