QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

調剤薬局薬剤師の役割とは?

調剤薬局薬剤師の一番の役割は、処方箋に基づいて調剤を行うこととなります。もちろん他にもやらなければならない仕事はありますが、基本的には処方箋に沿って患者さんに薬品を提供することが、一番の役割となります。


調剤薬局薬剤師求人情報を見て興味を持った人は、薬剤師にはどんなことが求められているのかを詳しく知っておきましょう。


ただ処方箋に沿って調剤し、処方すればよい、というものではありません。大切なのはそれを服薬する患者さんであり、いかに安全に薬を服用できるようにするか、といったことも調剤薬局薬剤師の重要や役割です。


薬局では患者さんにお薬手帳を渡しております。これは患者さんが今までどんな薬を利用してきたのか、今現在服用している薬は何なのかを把握し、お出しする薬を服用しても危険性がないかどうかなどをチェックしております。


過去に薬による副作用やアレルギー反応を起こしたことはないか、他の病院から処方されている薬局と今回処方する薬剤に重複はないか、といったことも確認しなければなりません。


もし受け取った処方箋の薬品によって、患者さんに何かしらの危険性やリスクがある場合は、処方した病院の医師に確認したり、処方を改善するよう求めたりすることもあります。


また薬の飲み方や効き目や服用方法、保管の仕方といったことを説明することも、大切な仕事です。どの薬がどの症状に効き目があるのかを正しく説明することで、患者さんに安心して服薬してもらうのです。


まれに錠剤が苦手だったり粉薬が苦手だったりする人もおりますので、そういった相談に適宜応じて、飲みやすい形で調剤したりすることもあります。


近年はジェネリック医薬品を患者さんが選ぶことができるようになったため、ジェネリック医薬品が提供できる場合は、提案をすることも役割の一つとなっております。


患者さんことを第一に考えなければならない、という点では病院と同じです。安心して、そしてより安全に服薬するために、調剤薬局薬剤師の役割があるのです。


そのために、日々知識を蓄えたり患者さんとコミュニケーションを取ることが何より重要なのです。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ