QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬剤師の職場での役割

薬剤師は、さまざまな職場で活躍できる職業です。一般的には調剤薬局で働くことが多いため、調剤薬局薬剤師求人情報にはたくさんの求人が掲載されております。


しかし、活躍の場はそこだけにとどまらず、病院・ドラッグストア、製薬会社など多くの企業が薬剤師を必要としております。それぞれどんな違いがあるのか簡単に説明していきましょう。


まずは仕事内容の違いから説明します。調剤薬局で働く場合、主に三つの役割があります。「調剤業務」「薬歴管理」「服薬指導」です。患者さんが病院で処方される処方箋を薬局に提出し、それを見て調剤を始めます。


その際に保険証やお薬手帳なども確認しますが、これは重複して薬を提供していないか、相互作用がないかをチェックするためです。薬ができたら、患者さんに薬の説明から服薬の仕方の指導を行うという流れになります。


次に病院薬剤師として働く場合です。基本的な仕事内容は調剤薬局とさほど変わりはありません。ただ調剤薬局よりも、薬剤師としての総合的な能力が必要とされることがあります。


例えば、「注射薬調剤業務」だったり、「病棟薬剤業務」といった、病院内で扱われる薬品についての知識や管理能力などが問われます。


医師や看護師などの医療スタッフと共に、患者の治療にあたり連携して業務を行うことになるので、それだけコミュニケーション能力も大切とされております。


最後にドラッグストアでの仕事内容ですが、これは主に「一般医薬品の販売」と「相談業務」です。調剤するのではなく、一般的に販売している薬品の知識を持って、お客さまの相談に応じるといったことが大きな役割です。


薬品に限らず、健康食品やサプリメントなども扱うため、より幅広い知識が必要とされる職種です。処方箋が医師によって決められるのとは違い、お客さまのニーズを聞き、適切な商品を薦めるといった判断力も問われるので、その点は他にはないやりがいではないでしょうか。


今回挙げた職場以外にも、製薬会社やMRなど、薬剤師が活躍することができるフィールドは多岐に亘っております。それぞれどんな能力が求められるのかを正しく理解し、自分が活躍したいと思う企業や病院の求人に応募するのがよいでしょう。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ