QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

こんな調剤薬局は気を付けろ!

調剤薬局薬剤師求人情報を調べると、小規模の個人経営点から、大型のチェーンの薬局まで、数多くの求人があります。細かな条件や待遇は異なるものの、仕事内容はほとんど同じなので、働く上ではどこで勤めても差がないように思えます。


しかし、仮に給料や待遇がよくても、あまり就職をおすすめしない薬局というのも存在しております。どういった薬局は気を付けた方がよいのか、いくつか紹介していきます。


最初にチェックしてほしいのは、お店の外観や内装、そして従業員の様子です。薬はデリケートなものなので、当然安全で清潔な場所で調剤・管理され、お客さまにお渡ししなければなりません。


もし外観や内装が汚れているということは、それだけ衛生面に気を配っていない可能性が高く、薬局としての意識が低いと見られてしまいます。薬の管理もずさんとなり、結果的に患者さんが来なくなってしまうかもしれません。


また従業員の方のあいさつがなかったり会話が少ないと薬局も気をつけましょう。スタッフの間のコミュニケーションが不足しており、仕事での連携不足などを誘発してしまうことにもなりかねません。


次に労働環境です。これは薬局に限らずかもしれませんが、長時間労働が慢性化している、休日出勤や残業が多い、有休が使えない、サービス残業させられる、といったところは気をつけましょう。


調剤薬局は病院に合わせて営業しているため、他の業種に比べ時間外労働は少ないのです。そんな中で時間外労働を強いられるのであれば、慢性的な人手不足であり従業員のことをあまり考えていない可能性が高いのです。


患者さんとの接し方もチェックポイントです。いくら患者さんを待たせないようにといっても、薬の管理やチェック、そして説明には十分な時間をかけなければなりません。


もし患者さんの待ち時間を削減するために、やるべきことをやらない薬局は危険です。長く営業していく上では、あまり信用ができません。


そこがひどい労働環境かどうかは、入って見なければわからないことも多くあります。働き始めて少しでも違和感を感じる場面があれば、他の薬局と見比べて見て、きちんとした営業をしているのか判断する必要があります。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ