QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

「病院と薬局では、薬剤師としての役割の違いはあるのか」

近年薬剤師は、製薬会社やドラッグストア、化学品の研究センターなど幅広いフィールドで活躍しております。しかし、それでも大半の人が病院か調剤薬局に就職しております。だからこそ、病院薬剤師と調剤薬局薬剤師求人情報が大半を占めております。


では、病院で働くことと、調剤薬局で働くことでは、どんな違いがあり、薬剤師はそれぞれどんな役割を求められているのでしょうか。


病院薬剤師に求められる役割は、患者に合わせた薬の調剤、服薬指導が主な業務です。他にも医薬品の管理や品質試験を行ったり、時に医師への助言、チーム医療のメンバーとしての役割があったりと、かなり幅広く業務をしなければなりません。


薬局薬剤師にはない大きな特徴として、患者さんに服薬を通して直接向き合い、一緒に病気を治療していくという点です。


現在医療と薬業は分業されているため、病院薬剤師は入院する患者さんの治療のサポートがメインとなっております。服薬を通して医療現場で直接働くことができる、という点が病院薬剤師の一番の強みかもしれません。


u

では、薬局薬剤師はどうでしょうか。主な業務は、病気に合わせて薬を調合する調剤、患者さんに薬の効果や副作用などのリスクを説明する、服薬指導、そして、複数の薬を併用しても問題ないかなどの薬歴管理の三つです。


基本的には、病院が出す処方箋に沿って調剤を行い、患者さんに渡す時に薬の飲み方やリスクなどの説明をすることがメインです。お薬手帳などを通じて、投薬することに危険性がある薬が出されている場合は、病院に連絡して医師と相談する、といった役割もあります。


基本的にはどちらも、医師が判断した処方箋を元に薬を調合し、それを患者さんに渡すといった部分は変わりません。


どちらかというと、病院薬剤師の方が患者さんに近い立場で業務を行っております。実際の医療に助言したりチームスタッフとして活動することもあるため、より幅広く仕事をしなければなりません。


どちらが良いという訳ではありませんので、個人の希望でどちらの環境を選ぶかの判断となります。それぞれの役割を理解した上で、どちらで働くかを選ぶことをおすすめします。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ