QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

調剤薬局薬剤師は派遣や、パート・アルバイトで働くと?

調剤薬局薬剤師は、基本的に薬局に就職することになるため、正社員としての雇用が多くなります。しかし、中には派遣社員として、またはパートやアルバイトとして働いている人もいらっしゃいます。


給料面ではどういった待遇なのか、また働く環境としては良いのかどうか、解説していきたいと思います。


いきなりですが、気になる給与面から説明します。やはり正社員と比べて給料・年収は低くなってしまうことがほとんどです。


派遣社員というのは、あくまで所属しているのは派遣会社であり、そこから派遣先として出向するという形となるため、どうしても正社員と比べると待遇は劣りやすくなってしまいます。


ではパートやアルバイトはどうでしょうか。実は調剤薬局薬剤師の時給は、2,000円以上となると言われております。時給2,000円は、パートやアルバイトとしては破格の金額であり、それだけ人気が高くなります。


しかし実情として、薬局はほとんどを正社員でまかなっているため、そもそもパートやアルバイトの募集が少ないということ、そして仮に募集しても人気があるためすぐに終了してしまいます。


調剤薬局薬剤師求人情報を調べても、パート・アルバイトでの募集が少なく、探すこと自体難しくなるでしょう。


次に働きやすさという点で見ていきましょう。派遣社員として働くのであれば、他の職種に比べて働きやすいとされております。その理由の一つに、正社員への登用です。


求人情報で、「正社員登用あり」という文言をよく見かけますが、本当に正社員になるのはほんの一握りです。しかし調剤薬局薬剤師に関して言えば、ある一定の期間働き薬局と薬剤師の間で合意があれば正社員として迎え入れるということが多いのです。


勤務時間は、正社員、派遣社員に差はありません。ほとんどが18時までに終わるので、その点も働きやすいでしょう。パートアルバイトは、その中でもピンポイントに短時間で働くことができます。


正社員ではなくても、働く環境としては恵まれているのが、調剤薬局薬剤師です。それだけ求人も人気があるので、積極的に応募したいところです。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ