QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

調剤薬局薬剤師の就業状況は良好!?

あまり人手不足のイメージが少なく、安定したイメージのある調剤薬局薬剤師ですが、実際の就業状況はどうなのでしょうか。


現在日本には、薬剤師として厚生労働省に登録されているのは約27万人とされております。これは人口千人当たり1.36人となっており、先進国の中ではトップクラスです。またそのうちの半分近い約14万人が薬局で働いております。


そもそも、薬剤師として働くにはまず薬学系の学科がある大学に入らなければなりません。また以前薬学大学は4年生でしたが、現在は6年生に移行いたしました。そのため一時的に新卒者がいない時期があり、人手不足となった時期がありました。


しかし、6年制を卒業した学生が就職し、今後は安定した就業状況となると見込まれております。他の業界に比べて女性が活躍しやすい職業であり、調剤薬局薬剤師の道を選ぶのは大半が女性とされております。


それに合わせてか、育児休暇や産休の制度が充実しているところが多く、女性が働きやすい環境でもあります。パートやアルバイトの形式でも勤務できますので、子育てをしながら働いている人も多くいらっしゃいます。


また、調剤薬局は大手チェーンというものがそこまで市場を占めておらず、個人経営のお店が大半となっております。つまり、いずれ開業や独立がしやすいという魅力があります。


薬局は初期投資額がそこまでかかりませんし、開業後の集客もある程度予測がつきます。つまり、その後の経営計画なども立てやすいため、店舗運営をしやすい分野なのです。


近年では、ドラッグストアの台頭が目覚ましく、そちらへ就業する方も多くいるため、いかに魅力のある調剤薬局薬剤師求人情報を出すことができるかどうか、ということも課題に一つでしょう。


ただ、薬剤師のニーズは景気に左右されないという側面もありますし、薬学大学を卒業している人でなければ勤められないため、求人は常に適当な倍率となっております。


地方では、若干不足している傾向がありますが、全体としてみれば就業状況はこれからも安定していくと見られております。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ