QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

調剤薬局薬剤師として知っておきたいこと

薬剤師として働く上で、これだけは知っておきたいという点がいくつかあります。もちろん勤めた経験のある人にとっては、今更なにをと思うかもしれません。


しかし、調剤薬局薬剤師求人情報を見て、この職業に興味を持った方には、少しでも仕事の中身を知っておきたいと思うものです。実際に働く上で、把握しておきたいポイントを紹介していきましょう。


まずは繁忙期です。一日の中での忙しい時間帯などは決まっております。大半が午前中が最も忙しく、その次に16時から18時頃がやや忙しくなります。これは月のどの時期であってもさほど変わりません。


ただ、月末になると、薬剤師には調剤報酬明細をまとめて請求を行うという作業をしなければなりません。このことをレセプト(調剤報酬明細書)というのですが、月に一度行われる作業であり、そのデータの数は膨大です。


公的な書類でもあるので、ミスは許されず念入りにチェックしなければなりませんし、膨大な量なので、迅速に行わなければなりません。それゆえ、月末は繁忙期とされております。


次に勤務する上での必需品です。まずマスクは欠かせないでしょう。感染の可能性のある病気を抱えている患者さんと接するため、それにうつらないようにしなければなりません。


それにもし自分の体調が悪い時に、免疫力が低下している患者さんに対して病気をうつしてはなりません。双方を守る意味でもマスクは必須とされております。


最後に患者さんとの接し方です。調剤薬局に行かれると分かると思いますが、待ち時間がかなりありあます。ましてや高齢の方が多いため、患者さんの中には待ち時間を嫌って苦情を言われたりすることもあります。


中には体調がすぐれなくて長時間待てるだけの体力がない様子の人もいるため、臨機応変に調剤の順番を変えたり、お詫びをして待ってもらったりなど、工夫が必要です。


他にも知っておかなければならないことはたくさんがありますが、今回は基本的となる3つのポイントを挙げてみました。働きながら覚えることもたくさんありますが、働く前のイメージとして是非参考にしてみてください。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ