QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

調剤薬局で働く方の収入はどれぐらい?

調剤薬局で働いている方はどれぐらいの収入をもらっているのか、気になる方もいるのでしょうか。やはり医療系のお仕事であるため、日本人の平均年収よりも高いのではないかとイメージする人も多いと思います。


実際にはどうなのか、その実態と、具体的な収入について説明していきたいと思います。


調剤薬局で働く方は、主に二種類のタイプがいます。一つ目が、調剤薬局薬剤師として働く方、もう一つが、調剤薬局事務として働く方です。それぞれの収入について説明していきます。


まずは調剤薬局薬剤師です。平均年収は、およそ350万円から400万円が相場となっております。また管理薬剤師ともなると、その年収は500万円~600万円となります。


特徴として、初任給から比較的高い水準の収入を得ることができます。大卒の初任給は22万円から30万円と、他の業種に比べて高い給料となっており、また賞与も年に二回支給されますので、安定した収入が望めます。


ただ、初任給がこれほど高水準にも関わらず、年収が400万円前後というのは、それだけ昇給がなかなか行われないということです。調剤師として働き続けるとしたら、安定した収入が望める反面、それ以上の待遇を望むことが難しくなるのです。


次に、調剤薬局事務はどうでしょうか。調剤薬局事務とは、調剤報酬請求事務と呼ばれている、レセプト作成を行ってたり、会計時の計算など、薬剤師の補助としての役割が求められます。イメージとしては。会社などに所属している一般的な事務員といったところです。


気になる平均年収は270万円~320万円となっております。月収ですと平均で18万円前後となっており、調剤薬局薬剤師と比べると、やはり収入は低い傾向にあります。その代わり、残業などもほとんどなく、資格がなくても就けることもあり、女性に人気の高い職業となっております。


調剤薬局で働くといっても、中にいる人はどういった立場で働いているのかの違いがあります。それに伴って、当然収入にも差が生まれる訳であり、一概に収入が高いとは言い切れないのです。


ただ、調剤薬局は景気に左右されにくいため、安定した収入を望むのであれば、最適な職場かもしれません。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ