QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

調剤薬局が最も忙しいのは?

どんな仕事にも繁忙期というものがあります。決算だったり、上半期と下半期の締めだったり、あるいは毎月月末に忙しくなったりするところもあります。


調剤薬局はいつ頃が一番忙しいとされているのでしょうか。実は一日のうちの忙しい時間帯、月の中で忙しい日、そして一年のうちに忙しい時期というのがそれぞれ決まっているのです。


まずは一日の中で忙しい時間帯はいつか見ていきましょう。これは圧倒的に午前中です。特に10時~12時は最も忙しい時間帯です。


調剤薬局は、基本的に隣接する病院で処方された処方箋を元に調剤を行います。つまり、病院での診察が終わった患者さんの持ってくる処方箋に対処しなければなりません。


病院が最も混み合うのは午前中です。病院が終わったらそのまま多くの患者さんが流れてくるわけですから、調剤薬局も必然的に午前中が忙しくなると言う訳です。


次に月間という単位で見てみると、忙しい日はいつなのでしょうか。これは間違いなく月末です。というのも、調剤薬局では「レセプト」と呼ばれる作業があるためです。


レセプトとは、調剤に関する報酬を、保険者に対して請求するものであり、月に一度まとめて請求を行っております。


日々集計したデータをチェックし、ミスがないかどうか確認しなければなりません。もちろん毎日データを集計しているので、月末にまとめてやっている訳ではありません。


しかし、月次で提出しなければならないため、月末というのはその作業に追われることが多いのです。場合によっては残業することもあるようです。


最後に、一年のうちの繁忙期はいつかということですが、これは冬場とされております。やはり冬場は体調を崩される人が多く、その分患者さんも増えます。そうすると必然的に調剤薬局も忙しくなるのです。


基本的に患者さんに左右される仕事なので、風邪を引きやすい時期だったり、何かの病気が流行したりすると、突然忙しくなることもあります。


ただ、基本的には、忙しい時期というのは決まっているので、あらかじめ忙しさを覚悟できるという点では、比較的働きやすい職種ではないでしょうか。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ