QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬学部が6年に変更して薬剤師への影響は

2006年に薬学部や医学部が6年制となりました。 以前と違うところの1つにあげられることが、卒業できる年齢と大学在学中での実習の内容です。 現在でも4年制の薬学部は存在しますが、薬剤師の国家試験の受験資格は6年制の大学の卒業となっています。


現在の4年制の薬学部は、薬の基礎研究を目的としているようですが、6年制の薬学部では、薬の処方や医療現場での臨床経験を含んでいます。 受験資格の中にも、病院現場での実習期間が必要となっています。


4年制の実習内容は、実際に自分で体験するものではない見学型で、期間も1~4週間というものです。 そして薬局実習か病院実習の選択が可能です。 6年制の場合の実習期間は22週間で、自分が現場で体験しなければならない実習となっています。


また4年制では、薬局実習か病院実習の選択が可能だったものが、両方とも実習しなければならなくなりました。 これだけ見ても、6年制の方が卒業してから薬剤師として実践できる経験を積んでいるようで、すぐにでも現場に出られます。


また、年齢ですが、4年制の場合、留年しなければ22歳で卒業し薬剤師の国家試験を受験して合格すれば薬剤師になれました。 それが2年間多く在学しなければならないということは、卒業できる年齢が24歳ということになります。 医学系ではない大学を卒業していれば、就職してから2年たっているということになります。


この2年間の学費の負担も大きいかと思われます。 理学・医学系は特に学費も高額となっているので親の負担も大きくなります。 こういう状況を踏まえて、免許は取得できないけれど4年制を選ぶか、取得したいので6年制を選択するということもできます。


その後の就職先をみても、求人募集のほとんどが調剤薬局やドラッグストア、院内薬局、製薬会社という実情からすると、薬剤師の資格は取得しておいた方がよさそうです。


また製薬会社の話によると、新薬の開発や研究ということでは、薬剤師ということに限定していないとも言っています。 6年制大学を卒業していなくても4年制を卒業し、その上で大学院に進学して研究を積んだ方を優先する場合もあるというのです。 病院での経験実習を重視する6年制大学ですが、いざ製薬会社に就職する場合は、4年制を卒業し研究重視している方が有利なようです。


では、この2年間のブランクと薬剤師試験の合格者数をみてみます。 2年間のブランクの中で受験できるのは、留年などの事情があり受験し合格した人たちということになり、2009年は11000人を超していたものの2011年では1000人を超えた人数だったようです。


2012年には6年制大学を卒業した人たちが受験可能となり、8000人まで増加しました。 それでもピーク時の合格者の人数より激減しています。 このような状況から薬剤師の求人募集に関しては、売り手市場が有利とみられます。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ